2010年5月9日

いざ、今年2回目の韓国へ!

 
 
明後日は、ACLのラウンド16ということで、
明日14時05分、成田発の便で韓国に発ちます。
 
出発時間を見てもらえばわかると思うんやけど、
南アフリカW杯のメンバー23人の発表の時間と、
見事に被ってて、記者会見が見られません。
 
前回のドイツW杯の時は、どうしてもメンバーが知りたくて、
大学の英語の授業中に、「EZweb繋がんね~!!」って嘆きながら、
何度も携帯のサッカー専門サイトにアクセスを試みてたけど、
今回はそこまで知りたいわけじゃないからな~。
 
せやから今年は、韓国に着いた後、選出されたメンバーを、
「ふむふむ…」って確認しときますわ。
 
 
 
で、本題の、今年2度目となる韓国遠征について。
 
対戦相手の城南一和は、5日の試合でFCソウル相手に4-0と、
フルボッコにされ、その結果を踏まえたリーグ戦の順位が6位。
 
まあ、ガンバは暫定とはいえ、現在14位やから、
悲しいことに、見た目上は格上相手の試合やね。
 
ちなみにこのソウル戦の観客動員数は韓国プロスポーツ史上最多の、
6万747人(!!)だったとか。
 
韓国はW杯を目前にして、それなりに盛り上がってるみたいやね。
 
 
 
城南一和は、今年川崎と2回対戦して、1勝1敗。
 
俺はどちらの試合も見てないから、なんとも言えんねんけど、
所属選手で目につくのが、ラドンチッチとオグネノフスキ。
 
ラドンチッチは、たしか3年前に甲府にいた選手やけど、
その時のイメージと言えば、左足で強烈なシュートを打ってくることと、
長身のわりにポストプレーが雑、そしてラフプレーが多くて、
カードコレクターやったって感じかな。
 
甲府に居た時は、シーズン途中での加入やったから、
チームにフィットできてなかったこともあって、
恐れるに足る選手じゃなかったけど、城南では攻撃のキーマンみたいやね。
 
まあ、ガンバのDF陣は高さのあるFWより、
スピード系のFWを苦手にしてるから、ガンバが好調時なら、
そんなに警戒しなくてもいいって言えるんやけど、
いかんせん、今のDF陣の崩壊っぷりでは、恐ろしいもんがあるわな。
 
 
 
そして、ガンバが2年前にACL決勝を戦った際、
対戦相手のアデレードにいたオグネノフスキ。
 
あの、ジェイミーソンや、“巨人”コーンスウェイトらと共に、
アデレードの高層最終ラインを形成していた1人やね。
 
この選手も高さが武器やけど、ACLの決勝の際には、
ラインの裏を取られた時の脆さを露呈してしまったからな。
 
ガンバもその辺はわかってるやろうから、
宇佐美や星原、平井(出たらやけど)には、
ガンガン裏のスペースを狙って、スピードで掻きまわしてほしいね。
 
 
 
それにしても、3か月前に韓国に行ったばかりやのに、
また韓国に行くことになるとは…
 
勤務先での俺は、同僚にすっかり韓国マニアに見られてるけど、
実際そんな事はないからね。
 
今年は、中国やシンガポールにも行きたかったんやけど、
日程の都合が合うのが、韓国での試合の時しか無かっただけやから。
 
まあ、今回は明日の昼に出発して、12日の夕方に帰る、
比較的時間に余裕のあるスケジュールやから、
ソウル市内でもゆっくり見て回ろうかなと思います。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿