2010年5月13日

韓国で酷い試合を見てきました

 
 
城南行ってきました…
 


試合後、「くたばれ、アホな審判!」のコールをやってたけど、
俺はやりませんでした。
 
まあ、確かに、選手が口を揃えて言うように、
あのPKの判定も微妙なものやったし、
他の場面に於いても、相手寄りのジャッジが目についた。
 
でも、それを差し引いても、ガンバのパフォーマンスは良くなかったし、
“アウェイの笛”だったら、去年の中国での山東魯能戦の時の方が、
露骨に酷かったけど、その時は逆境を跳ね返して、ガンバが勝ったしね。
 
一応、試合後は、周りのサポーターの人達に合わせて、
「審判酷かったですよね」とは、言っておいたけど、
俺の本心は、「ガンバ、弱くなったなぁ~」っていうものやった。
 
 
 
ガンバ大阪03城南一和
 
 
 
ガンバのスタメンは川崎戦で4失点を喫した、悪夢の3バック。
 
う~ん、あの試合でアキラは懲りたと思ったんやけど、
まだ続けるとは思わんかったわ。
 
まあ、試合開始10分ぐらいは宇佐美やルーカスが決定機を迎えたりして、
惜しい場面もあったけど、その後は防戦一方の展開。
 
いくら守備で人数が揃ってても、誰もラドンチッチに競り勝てず、
簡単に起点作られるから、失点するのも時間の問題かなっていう感じやった。
 
アキラもさすがにこのままじゃマズイと思ったのか、
後半から高木に代えて故障明けの平井を投入。
 
この交代でボールは回るようになったけど、
平井も故障明けで勘が鈍ってるのか、決定的なチャンスもフイにし、
オフサイドに何度も引っ掛かってた。
 
 
 
そして、例のPK。
 
先述の通り微妙な判定だったとは思うけど、
俺が残念に思ったのは、審判のジャッジより、
このPKの後、ガンバの選手達の緊張の糸が切れたように見えた事。
 
反撃に出ようにも、焦りからか攻め急いでミスをする場面が多く、
明らかに皆浮足立ってた。
 
っていうか、経験を買われてスタメンで出てる選手が多いのに、
なんでここらへんの切り替えができないんかなぁ。
 
2点目の失点のシーンなんか、人数足りてたのに、
フリーの選手作って、簡単に決められてるし、
3失点目はFKが凄かったとはいえ、その前のファウルを取られた、
山口のバックチャージなんか軽率以外の何物でもなかったわ。
 
 
 
う~ん、まさか韓国まで行って、
こんな酷い試合を見せられるとは思わんかったわ。
 
案外、ACL海外不敗を続けているガンバにとって、
ラウンド16はアウェイの方が、逆に開き直って、
いいプレーができるんじゃないかって考えてたけど、甘かった…
 
去年のラウンド16の川崎戦の時は、アキラのさじ加減次第で、
勝ちゲームにすることもできたやろうけど、
この試合に関しては、どうにもこうにもいかんから、
絶望感や失望感が大きいわ。
 
でも、去年もACL敗退直後に泥沼に陥ったけど、
最終的には33節の鹿島戦までワクワクさせてくれたんやから、
今シーズンも、12月4日の日本平で試合終了の笛を聞くまで、
諦めずに応援したいと思います。

 
                              ☆
 
じゃあ、最後に、スタジアムの様子を少しだけ…
 
 

 
今回、ACLのラウンド16が行われた、炭川スポーツコンプレックスは、
盆唐線の野塔(ヤタプ)駅から、徒歩15分で、
とてもアクセスが良かったです。
 
2月に行った水原は、駅からかなり遠かったからな…


こちらは、城南一和のグッズショップです。
 
店員のおじさんがとてもユニークな方で、川崎のタオマフが売れ残ってるから、
1万₩で買わないかって言ってきたけど、丁重にお断りさせていただきました。
 
あと、城南スタッフのロン毛の兄ちゃんが、浦項スティーラーズのジャージを
着ていたけど、あれっていいのか?
 
別に城南と浦項ってそんなライバル関係でもないみたいやけど、
ガンバで言えば、万博のグッズショップの店員が、マリノスのユニ着て、
商売やってるようなもんやろ?
 
絶対にありえへんわ。


 
最後に、試合後のスタジアムの風景です。
 
あの酷い試合を見た後に流れた、サラ・ブライトマンの、
「Time to say good bye」のBGMが、胸にしみるわ。
 
 
 
試合以外の遠征記に関しては、また後日書く予定です。
 
でも、今回韓国に行ったメインの目的が、
こういった残念な形で終わってもうたから、
どうにも筆(と、いうか指)が動かないんやけどね…
  
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿