2010年6月7日

遠藤の情ケツ大陸

 
 
情熱大陸に遠藤が出るということで、楽しみにして見始めたんやけど、
番組の冒頭のシーンで、全裸の遠藤がケツをカメラに向けて、
今から風呂に入るぞっていう映像が映し出された時は、
さすがにリアクションに困ったわ。
 
「これを機に、情熱大陸を変えていきましょう」って、
遠藤は言ってたけど、そんな方向に変えてしまったら、
番組の趣旨が変わって、そっち系の人しか見なくなるんじゃないか?
 
と、思ってたら、今度は試合の時のガンバのロッカールームで、
シャワーを浴びた後、全裸で歩き回る遠藤の映像が…
 
ハーフタイムにシャワーを浴びるのは知ってたけど、
ロッカールームでこんな姿を晒してたとはね。
 
さすがに、カメラが入ってるから、大事な部分は隠してたけど、
普段の試合だったら、特に隠してもないんだろうなと思ったり…
 
っていうか、マイペースなのは、おおいに結構やけど、
もういいトシなんやから、もうちょっと落ち着こうよ。
 
 
 
まあ、遠藤のケツ映像は衝撃的やったけど、
番組のそれ以外の部分は、至って普通の内容やったかな。
 
自宅で子供達と話してる、父親としての遠藤の姿や、
普段、「痛い」「痒い」は、ほとんど口にしない遠藤が、
代表戦の後、アイシングした太ももを見せて、「痛い」と言っていたり、
興味深いシーンはいくつかあったけどね。
 
でも、遠藤の著書の“自然体”を読んで、遠藤の幼少期のエピソードや、
W杯へ懸ける気持ちなんかを知り尽くしているガンバサポからすれば、
この番組で取り上げてた内容は、若干物足りなかったかもしれへん。
 
まあ、ちょうど、番組で遠藤に密着していた期間が、
今年の4月頃に負傷離脱していた期間だったっていうのと、
時を同じくして、日本代表が勝てなくなった時期とリンクしたせいか、
番組が全体的にトーンダウンしてしまった感は否めないね。
 
こればっかりは製作者側じゃ、どうすることもできへんけど、
以前に、同番組で大黒や宮本を取り上げた時の内容が結構面白かっただけに、
それと比べると見劣りする部分があったのが残念やったかな。
 
 
 
それでも、番組の最後のシーンで、番組スタッフの人が、
「日本を頼みます」って、遠藤に声をかけると、
「まかせてください」って、遠藤が返してきたのは頼もしかった。
 
そんな日本は、カメルーン戦前の10日に、
ジンバブエ代表と練習試合をすることが決まったみたいやね。
 
ジンバブエの選手って、ベンジャニ・ムワリュワリぐらいしか知らんけど、
ここまで強化試合4連敗中やから、とりあえず1つ勝って、
本大会に臨んでほしいね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿