2010年6月30日

南アフリカでの挑戦が終わる

 
 
日本00パラグアイ
   
 
 
 
惜しかった。
 
とてもいい試合だった。
 
W杯が始まる前までは、「3戦全敗も覚悟」とか、
「恥ずかしい姿だけは見せないでくれ」みたいなことを書いたけど、
今は、そんなことを書いたことにすごく後悔している。
 
W杯の常連国でもある、カメルーン、デンマークに勝って、
決勝トーナメント進出、そして、ベスト16の相手のパラグアイには、
120分間戦って、決着はPK。
 
もし、あの駒野のシュートがもう少し下だったら、
もし、パラグアイの2番手のキッカーのシュートが、もう少し左で、
川島が弾けてたら…
 
たらればを言ったらキリが無いけど、このベスト16においても、
パラグアイとの実力差って、そんな運によって左右される部分だけでしかなかった。
 
“世界との差”って、日本のサッカー界でよく言われることやけど、
それは確実に詰まってきてると考えてもいいやろうね。
 
 
 
結果的に、またしても日本はベスト8に進出する機会を逃してしまったわけやけど、
W杯初出場から、4大会連続で本大会出場、そのうち2回はベスト16進出。
 
サッカーを国技とする国が多くある中で、これは驚異的な数字やと思う。
それだけ、日本のサッカーって、急速な進化を遂げてるってことやろうね。
 
多分、サッカーの神様とか、そういった類の人物がいるんだとしたら、
「日本は急ぎ過ぎだ。もう少し待ちなさい」とでも言ってるんだろう。
 
だから、俺たちももっと長い目で、サッカーを見続けていかなあかんのやろね。
 
 
 
ただ、日本代表のここから先4年間に待ち受けているのは、
世代交代っていう、とても難しい問題。
 
その、とても難しい問題のために、俺たちサポーターができることは、
今後の日本のサッカーを担う若い選手達に、スタジアムで声援を送ること。
 
パラグアイ戦後に、長谷部も言っていたように、
もっとJリーグを盛り上げていかないとあかんよね。
 
 
 
とりあえず、日本代表の皆さん、お疲れ様。
 
もう来月の中頃には、Jリーグが再開するから、
短い間やけど、ゆっくり体を休めてください。
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿