2010年6月10日

W杯開幕前の新横浜にて

 
 
久し振りに、スタジアムでサッカーが見たくなったので、
日産スタジアムに、ナビスコカップグループリーグ最終節、
マリノス vs 浦和の試合を見に行ってきました。
 


日産は、自宅から一番近いスタジアムやけど、
スタンドとピッチの距離は遠いし、スタジアムの傾斜も無いから、
あんまり好きなスタジアムじゃありません。
 
まあ、日産に関しての不満は、何度もブログで書いてるけどね。
 
でも、スタジアムに響くサポーターの声を聞くと、
否応にもテンションが上がってしまうねんな。
 
ただ、試合の内容に関しては、どうもテンションの上がる内容じゃなかったけどね。
 
 
 
横浜F・マリノス0-0浦和レッズ
 
 
 
この試合に勝てば、予選突破が大きく近づくマリノスと、
勝っても、予選敗退が濃厚なレッズの対戦。
 
そのモチベーションの差が、そのまま試合に出たみたいで、
序盤は完全にマリノスのペース。
 
ただ、いかんせんシュートの精度が悪すぎる。
 
この試合を通じて、枠にシュートが飛んだのって、
前半に河合か誰かが打った、遠目からのミドルシュートだけで、
ほとんどのシュートが宇宙開発してたわ。
 
結果的にこの良い時間帯で得点できなかったのが痛かったけど、
実際、あんまり得点の匂いはしなかった。
 
 
 
あと、マリノスの選手は、皆モチベーションが高そうだったけど、
俺の目には、狩野だけがやる気の無いプレーに終始してた印象やねんよな。
 
ボールを持ってもすぐに潰されるし、その上、ボール取られても、
取り返そうともせず、ピッチを歩いてるだけやし、
得意のFK、CKも明後日の方向に飛んでいくしで、
後半開始直後に交代させられたのも、納得の不調ぶり。
 
木村監督にしてみたら、栗原が故障を押しての出場ということもあって、
交代枠を早めに使うのが嫌だったのかもしれへんけど、
この日の狩野は、前半だけで交代させられてもおかしくない出来やったわ。
 
 
 
前半の終盤から、徐々に浦和も、ペースを上げてきて、
中盤でがっぷり四つの状態に。
 
後半も、マリノスに何度か決定機はあったけど、
やっぱりシュート精度が悪くて、ゴールを割るには至らず。
 
今季から俊輔が復帰したマリノスやけど、
この決定力の無さを改善せな、優勝争いに絡むのは難しいんじゃないかなと思う。
 
 
 
浦和も浦和で、キーパー正面を突いた、柏木のドフリーヘッド以外、
特にこれといった見せ場は無し。
 
細貝が1人だけ、ピッチを走り回って気を吐いている状態で、
あとの10人は、狩野ほどじゃないけど、あんまやる気のないような感じやった。
 
そもそも、なんで浦和は、試合に勝ってる訳でもないのに、
後半の途中から遅延行為を始めて、挙句の果てにイエロー貰ったりするんだろうか?
 
しかも、0-0で試合が終わって、なんでか知らんけど、
選手同士がハイタッチしてるし。
 
アウェイやから勝ち点1でOKってことなんやろうか?
 
浦和は、この試合で勝っても負けても、予選敗退が濃厚やけど、
プロやねんやから、リスクを負ってでも勝ちに行かなアカンと思う。
 
試合後、浦和のゴール裏で、「狙えACL」とかいう横断幕が掲げられたけど、
この日の浦和の出来じゃあ、現実味のある目標とは言えんかな。
 
久々に、スタジアムで観戦したガンバ以外の試合が、
凡ゲームだったのは残念やったけど、サッカーの試合に飢えてただけに、
いい気分転換になったわ。


これで、ナビスコの決勝トーナメントのカードが決定。
 
まあ、ガンバは、もうベスト8は広島との対戦が決まってるから、
わざわざ確認するまでもないけど、もし、広島に勝てたら、
相手は、東京か清水やね。
 
なんか、こちらのブロックは、4チームの実力が拮抗している感がしなくもないかな。
 
まあ、決勝トーナメントは9月からやから、
ナビスコはひとまず横に置いといて、今日からW杯モードに入りますか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿