2010年6月13日

明日はカメルーン戦!

 
 
W杯が開幕し、明日はいよいよ日本の初戦、カメルーン戦。
 
早いなぁ…、W杯の出場が決まった時や、対戦相手が決まった時は、
まだ先やと思ってたら、もう明日なんか。
 
今大会は、今までの大会に比べて、自分の中での盛り上がりに欠けてたんやけど、
やっぱり、大会が始まると、寝不足覚悟で見てしまうよね。
 
まあ、02年、06年の時は、俺も学生やったから、少々無理できたけど、
今大会は、仕事してることもあって、あまりちゃんと試合を見れてないけどね。
 
でも、とりあえず、ここまでの試合の感想をざっくりと書いてみたいと思います。
 
 
 
韓国20ギリシャ
 
 
韓国は強いなぁ、ギリシャ相手に何もさせなかったし。
 
特に、パク・チソン、パク・チュヨン、イ・チョンヨン、キ・ソンヨンの、
四天王はピッチの上で違いを見せつけてたね。
 
ただ、ギリシャはいつの間にこんなに弱くなったんやろうか。
 
04年の欧州選手権を制した時は、身も蓋も無い守備的なサッカーやったけど、
あの時のような粘り強さの片鱗も見えなかったわ。
 
あんなに乱暴なクロスを上げてたら、ゲカスがいくら優秀なFWでも、
決めるのは厳しいやろ。
 
今大会も、無得点で大会を去ることが現実味を帯びてきたな…
 
 
 
アルゼンチン10ナイジェリア
 
 
マラドーナ、カメラに抜かれ過ぎ(笑)
 
ただ、その度に、タイミング良くポーズを決めたり、派手なアクションをするあたり、
この人は、試合中継のカメラワークを理解してるんだろうか…
 
試合の方は、両チームとも中盤のディフェンスが機能していないせいか、
カウンターの応酬で、やたら展開が早い試合やった。
 
正直、4-3ぐらいの打ち合いの試合でもおかしくなかったと思うけど、
両チームともミスが多すぎるわ…
 
イグアインなんか、前半で代えられてもおかしくないほど1対1外しまくってたし、
オデムウィンギーなんて、後半からミスしに出てきたみたいやったやん。
 
あと、注目のメッシやけど、アルゼンチンはメッシ頼み…
と、言うか、アルゼンチンの選手達が、メッシを今大会の主役にしてあげようと、
1人で行ける場面でも、メッシにパスするシーンが何度か見られたね。
 
テヴェスも、ディ・マリアも、せっかくのW杯なんやし、
メッシに気を遣わずに、1人でガンガン行けばいいのになと思った試合やった。
 
 
 
イングランド11アメリカ
 
 
個人的に、アメリカは今大会のサプライズ候補だと予想してるから、
この結果は、俺的には嬉しいかな。
 
しかし、なんというか、イングランドのGKが大舞台でやらかすのは、
もはや、伝統になってきてる感があるけども…
 
ただ、イングランドは、GKのミスはあったとはいえ、
もっとできたと思う。
 
結果論やけど、イングランドはバリーがいないのが痛いんじゃないだろうか。
 
ジェラードとランパードが持ち味を殺さずに共存できるのは、
バランサーのバリーがいてこそやと思う。
 
この試合でバリーの代役を務めた、ミルナーもいい選手やけど、
ミルナーはどっちかというと攻撃的な選手やからなぁ。
 
まあ、このグループならイングランドは、無難に突破してくるやろうけど、
決勝トーナメント以降も、バリーが戦列に復帰できないようだと、
イングランドはかなりキツイんじゃないだろうか?
 
 
 
スロヴェニア10アルジェリア
 
 
さっき終わった、この試合。
 
はっきり言って、面白くない試合やった。
 
両チームとも前半からリスクを冒すようなプレーが少なくて、
なかなかゴール前までボールが運べない展開やったかな。
 
まあ、結果が最優先のW杯やから、こうなってしまうのも仕方ないけど。
 
ただ、スロヴェニアの選手のシュートをアルジェリアのGKが後逸したり、
途中出場のアルジェリアの選手が、くだらないハンドで退場になったり、
ミスで試合が決まった事が、残念やったかな。
 
まあ、1番残念だったのは、「ジダンのルーツのアルジェリア」と、
「オシムが絶賛したスロヴェニア」をやたら連呼していた、
角澤の実況やけど。
 
 
 
なんだかんだで、毎日1日3試合もサッカーが見れるのは、
楽しいもんやな。
 
明日のカメルーン戦も楽しみやわ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿