2010年6月15日

南アフリカからの吉報

 
 
日本10カメルーン
 
 
 
マジかよ、勝っちゃったよ!!
 
 
正直、大会前は3戦全敗も覚悟してたんやけど、
いい意味で期待を裏切ってくれた!
 
あの、日韓W杯の頃や、2004年のアジアカップの頃に抱いてた、
代表に対する情熱を、思い起こさせてくれるような試合やったね。
 
 
 
試合の立ち上がりは、お互いに慎重すぎるような印象やった。
 
ただ、前線の選手の個人技に、攻撃を委ねているカメルーンに対し、
日本は、脆さを抱えているカメルーンディフェンスの、
キーパーと、DFラインとの間のスペースにクロスを放り込んで、
揺さぶりをかけるっていう、狙いをもって攻撃してたと思う。
 
結果的に、日本の先制点は、その形の応用やったね。
 
今まで、単純にスペースにクロスを上げてたのを、
松井が、右サイドの深い位置で切り返して、左足でクロスを上げたことによって、
ボールウォッチャーになったカメルーンのDF陣が、
本田△のマークを外してしまった。
 
ちなみに、その松井へパスを出したのは、我らが遠藤保仁やったね。
 
今までは、言われたことをやるだけだった日本の選手達やったけど、
このシーンでは、その時の状況を考慮して、選択したプレーが、
決勝点に繋がったということ。
 
素晴らしかったと思う。
 
 
 
あと、久し振りにメガネの監督も褒めようかな。
 
後半の、岡崎と矢野の投入は良かったと思う。
 
前回大会初戦のオーストラリア戦で、終盤に立て続けに3失点した時は、
パワープレーを仕掛けられた時に、ロングボールの出所である、
相手のDFラインに、FWの高原と柳沢がプレスに行けなかったのが、
原因やったと思う。
 
特に、あの時は炎天下の試合で、皆バテてたからね。
 
ただ、今回は、前回大会の反省を生かして、
岡崎と矢野という、前線から献身的にディフェンスをする選手を投入して、
相手にいい形で、ロングボールを入れさせなかったのが、
無失点で試合を終えることができた要因かなと。
 
まあ、GKの川島を始め、DF陣の奮闘はもちろん良かったけどね。
 
 
 
ただ、それにしてもカメルーン弱かったな…
 
中盤のプレスが機能してないし、不用意なパスミスも多い、
それに集中力を欠いたようなプレーも散見されたね。
 
いくら日本が相手とはいえ、W杯で手を抜くような事は考えられんから、
この試合でも、A・ソングやカメニがベンチだったりするように、
やっぱり、チーム内に内紛の火種を燻らせてるのが原因なんかね?
 
あと、ルグエン監督の、エトーの右サイド起用は、
どういう意図があってのものやったんやろうか?
 
日本にとっては助かったけど、エトーほどのワールドクラスのストライカーを、
あれだけゴールから遠い位置でプレーさせるなんて、
宝の持ち腐れにもほどがあるわ。
 
エトーをそんな使い方するんやったら、日本にくれ。
 
日本には、江藤っていう名字があるから、
帰化しても違和感なく日本で生活できるで。
 
 
 
これで、日本は2002年の日韓大会以来、8年振りのW杯勝利!
 
日本は海外開催のW杯では初勝利ってことやけど、
お隣の韓国は、海外開催のW杯で初勝利するまで7回W杯に出場したのに対し、
日本はそれを4回で達成した。
 
これは素直に喜んでいいことやと思うね。
 
ただ、本田△も言ってたように、カメルーンに勝ったからと言って、
グループリーグ突破が決まったわけじゃない。
 
この日は、日本もいいプレーをしたけど、カメルーンが弱かったのも事実。
 
次の相手のオランダはこの試合のようには絶対にいかんやろうね。
 
オランダ戦に関しては、負けるとしても、どれだけ点を取られずに負けるか、
あわよくば、勝ち点1を取れたら、それは快挙っていう、
スタンスで試合に臨んだ方がいいと思う。
 
変に色気を出して勝ちに行くと、大量失点して、
得失点差で色々と不利になることも考えられるからね。
 
どっちみち、3試合目の、デンマーク戦が天王山と考えて良さそうやわ。
 
 
 
なんか、始まる前は、あんなにテンションが上がらんかったW杯やのに、
俄然、ワクワクしてきた!!
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿