2010年7月3日

山本のミッションって、イ・グノだったの?

 
 
FW イ グノ選手 完全移籍加入のお知らせ
 
 
まあ、今年はFWに外国人選手が5人という、
なんとも節操の無い編成で、シーズンをスタートしたわけですが、
5人中、合格点をあげられるのはルーカスのみ。
 
他の4人は、ユニフォームを投げ捨てて、ブラジルに帰っちゃったり、
メタボだったり、深刻なスランプに陥ってたり、
もっさりしてたりで、満足した成績を残せてるとは言い難いよね。
 
その結果、現状、平井、ルーカス、宇佐美の3人で
FWの2つのポジションを回していることを考えれば、
あと1人は欲しかったところやから、今回のイ・グノの獲得は、
わからないでもないかなと。
 
でも、このままじゃ明らかに人員過多やから、
余剰戦力の整理は必要になってくるやろうけどね。
 
 
 
この、イ・グノの加入によって、
平井や宇佐美のポジションが脅かされるんじゃないかと思う人もいるやろうけど、
俺は、そんな心配はしてないかな。
 
イ・グノは、昨年来日した時のパフォーマンスが強烈やったから、
すごい選手っていうイメージを持たれてるけど、
今年はまだ1ゴールしか挙げてないんよね。
 
おそらく、ジュビロがイ・グノを切った理由も、
高給取りの割に、今年はそこまで傑出した結果を残せていないからっていうのも、
あるやろうし。
 
だから、平井が中断前のパフォーマンスをそのまま維持できれば、
アキラはこれからも平井をスタメンで使い続けるんじゃないかと思うけどね。
 
だからと言って、イ・グノの実力を否定するわけじゃない。
 
決定力の高さに関しては、昨年実証済みやし、
ドリブルも上手いうえ、運動量も豊富やからね。
 
シーズン後半に平井のパフォーマンスが、落ちる可能性だってあるし、
春先のように、ルーカスや平井がケガする可能性だって否定はできない。
 
そんな時にイ・グノのような選手がいれば、
チームとしてのパフォーマンスを落とすことなく、
シーズンを戦えるんじゃないかと思うけどね。
 
 
 
ただ、今回のイ・グノの移籍で引っ掛かるのが、
凶化部長の山本は、何しにブラジルに行ってたんだ?
 
先日行われた、サポーターミーティングに行ってないから、
直に社長の話を聞いたわけじゃないけど、そんな旨の話をしてたんやったら、
てっきり補強するならブラジル人やと思ってたのに、
まさかの韓国人、イ・グノやったね。
 
イ・グノとブラジルで交渉してたの?
そんなわけないでしょうに。
 
ここからはあくまでも俺の予想やけど、山本は、ブラジルに欲しい選手がいて、
交渉に行ったけど、交渉決裂して日本に帰国。
 
帰国したら、ちょうどいいタイミングでジュビロから、
イ・グノの売り込みが来て、ガンバにフィットするか検証もせずに、
「ちょうど良かった、獲得しよう」…ってそんなオチじゃないのか?
 
う~ん、凶化部はいい仕事してるとは思えないんやけどなぁ、
この数年で、結果を残せない外国人選手を何人も獲ってきて、
チームのお金を無駄遣いしてるのに、なんで給料上がるんだ?
 
今度のサポーターミーティングでは、ガンバのフロント陣の
給料の査定基準でも教えてほしいもんやね。
 
 
 
まあ、イ・グノの加入に対して賛否両論あるやろうけど、
これからガンバで一緒に戦う選手として、応援しましょうや。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿