2010年7月15日

そういや今年のガンバはこんなだった

 
万博行って来ました。
 

確か、最後に万博に来たのは、去年のホーム最終戦の千葉戦やから、
7ヶ月以上来てなかったわけやな。
 
ガンバサポやのに、ホーム参戦をおろそかにしすぎやわ。
申し訳ない。
 
その、7ヶ月前の千葉戦の時は、遠藤が2得点して勝利したわけやけど、
この試合では、その遠藤は不在。
 
こういう時こそ、ガンバの地力が試されると思うんやけどね・・・
 
 
 
ガンバ大阪11京都サンガ
 
 
 
万博での京都戦って、毎回天気が悪いっていうイメージがあるんやけど、
この日も、例に違わず、雨が降ったり止んだりの悪天候やった。
 
ガンバの選手達には、この曇天をスカッと晴れさせるような、
気持ちいい試合を見せて欲しかったんやけど、
前半から、見ていて眠たくなるような低調な試合内容。
 
南アフリカW杯でサッカーに興味を持って、
万博に足を運んでくれた、ファンの皆さんにしてみたら、
あまりに残念な試合展開やったわ。
 
どんだけ低調で退屈な試合やったかっていうと、
ハーフタイムにこんな写メを撮ってしまうほど・・・って言ったらわかるかな?
 

おTOILET(笑)
 
「おトイレ」と読ませたいのだろうか・・・
 
びっくりするほどお粗末な案内板やけど、
こういう手作り感が、万博の魅力・・・と言えなくもないかな。
 
 
 
そんなこんなで始まった後半。
 
いきなり平井がゴールを決めて、ガンバが先制!!
 
まあ、増嶋のナイスアシストでもあるけど、
試合の流れとは関係無しに、ゴールを奪ってしまう、
平井の決定力には、「さすが」の一言やわ。
 
この調子をシーズン終盤まで維持して欲しいね。
 
 
 
ただ、そんな平井の頑張りに応えられないのが、今年のガンバ。
 
失点の直後、京都は2人の選手を交代して、
フォーメーションを変更。
 
これにガンバDF陣が対応しきれず、あっさりと同点弾を献上。
 
藤ヶ谷も、前半、ドゥトラとの決定的な1対1をストップするなど、
相変わらずの神降臨ぶりを見せつけてたけど、こればっかりは止められんかったか。
 
 
 
こうなると、ガンバも選手交代で流れを取り戻したいところやけど、
この日のアキラの交代策は、ことごとく裏目。
 
別に佐々木が悪かったとかじゃなくて、
確かに、この日の二川は調子が良くなかったけど、
この試合のピッチから二川がいなくなったら、誰がゲームを作るの?
 
さらには、宇佐美を投入して、ドリブルで仕掛けてもらうのかなと思ったら、
結局、チョ・ジェジン目がけたパワープレーに終始して、試合終了。
 
なんか、試合終了に近付くにつれて、どんどん流れを手放してるように
感じたのは俺だけか?
 
 
 
W杯が終わった後、Jのある日常が帰ってくるって、
テンションが上がってたけど、そういや今年のガンバはこんなだったなって、
現実を再確認する1試合やった。
 
結局、遠藤頼みになってしまうっていうのは心苦しいところやけど、
日曜日の浦和戦には、遠藤が帰ってくると思うので、
この日とは違うガンバを見せて、勝利して欲しいなと思います。
 

・・・っていうか、美味G横丁のトムヤムクンラーメン、
もやし75%、麺25%の比率やって、ラーメン食ってるって感じせえへんかってんけど?
 
平日の試合見に、わざわざ東京から来てる俺に、
こんな嫌がらせせんでもいいやろ(笑)
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿