2011年7月10日

ヴォルフスブルクの勝利の女神は日本に微笑んだ

 
 
日本10ドイツ
 
 
素晴らしい試合やった。
 
W杯準々決勝で、相手は大会3連覇を目指すホスト国ドイツ。
 
地元サポーターで溢れかえる、ヴォルフスブルクのスタジアムは、
日本にとって完全にアウェイの雰囲気やった。
 
それにも関わらず、延長まで縺れ込んだ激闘を制して、
日本は準決勝に駒を進めた。
 
驚きとともに、まだまだこのチームは強くなるんじゃないかっていう、
期待を抱かせてくれる、歴史的勝利やったね。
 
 
 
試合は前半から、日本は、ショートパスを繋いで攻め、
ドイツはロングボールを多用するという感じで、
両チームのチームカラーがぶつかり合う展開。
 
そんな日本のショートパス主体のサッカーが、大会が行われているドイツでは、
まるでバルサのようだと評価されてるらしい。
 
まあ、男子にも言えることやけど、
日本人は欧米人と比べて長くて正確なボールを蹴る力が劣るから、
ショートパスをベースにせざるを得ない側面もあるんやけどね。
 
この試合も、ボランチあたりまではよくボールは回っていたんやけど、
そこから前に入った時に、すぐドイツの守備陣に潰されて、
なかなか前線でボールがキープできなかった。
 
ポゼッションでは上回っているのに、
なかなかチャンスが作れないっていう、もどかしい前半やったわ。
 
 
 
そんな日本のアクセントになったのが、後半から投入された丸山やったと思う。
 
永里のように中央でポストプレーをするんじゃなくて、
中盤に下がったり、サイドに開いたりしながらボールを受け、
ドリブルでボールをキープして、前線で時間を作ってたね。
 
その影響で、澤が前半より高い位置でプレーできるようになったから、
前半より可能性のあるボールが前線に供給されるようになった。
 
これが、延長後半の丸山の決勝ゴールへの伏線になったとも考えられるね。
 
 
 
その丸山のゴールに関しては、見事と言う他無い。
 
角度の無いエリアやったから、切り返して左足で中へ折り返すことも考えられたけど、
キーパーの脇の下を抜いて、逆側のサイドネットに突き刺さる、
素晴らしいゴールやったわ。
 
しかも、このゴールをアシストした澤は、
延長前半の早い時間帯で、内転筋を痛めたみたいで、
痛みに顔を歪めながらプレーしていただけに、
あの時間帯で、あれだけの精度のパスを出せるのは流石の一言。
 
それやのに、試合後のヒーローインタビューで丸山が、
「岩渕からいいボールが来た」って言ってたのには、
「おい!(笑)」って思ってしまったけど。
 
 
 
これで日本は史上初のW杯ベスト4進出。
 
これから、またドイツのような強豪国と対戦することになるけど、
日本ならきっとやってくれるはず。
 
準決勝では、個人的に、この試合で途中出場したにも関わらず、
これと言った活躍ができずに途中交代させられてしまった、
岩渕の奮起に期待したいところやね。
 
この試合が終わった後、皆が喜んでる中、
とても悔しそうな顔をしてたのが印象的やったからね。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿