2011年7月31日

「もはや鬼門なんて存在しない」と強気で言ってみる

 
 
磐田行ってきました。
 
 
東海地方のアウェイって、関西と関東の熱狂的なサポーターが両方参戦するから、
ゴール裏も盛り上がるし、個人的に好きなんよね。
 
それに、試合前は激しく降っていた雨も、キックオフの頃には止んでくれて良かったわ。
 
 
ガンバ大阪21ジュビロ磐田
 
 
相性の悪いヤマハスタジアムでの試合の上、
過密日程の影響もあってか、序盤から押しこまれるガンバ。
 
磐田の選手のシュートが何度かゴールポストに弾かれるシーンもあり、
さらに、松村主審の不可解な笛も相まって、
いつ失点してもおかしくないような状態が続いたね。
 
そういや、試合前の練習の時、ガンバの選手のシュートが、
ことごとくゴールポストに弾かれてたんやけど、今思えば、
アウェイゴール裏側のゴールマウスは、試合前からその好調さをアピールしてたんやな。
 
試合が始まってみたら、ガンバの12番目の選手として活躍してくれたわ。
 
 
 
ただ、押し込まれてはいたものの、先制点を奪ったのはガンバ。
 
セットプレーのこぼれ球を中澤が詰めたものやったけど、
昨シーズンからの中澤の得点力の向上ぶりには目を瞠るものがあるね。
 
本職のディフェンスの方でも、
これぐらいの成長ぶりを見せてくれたら、何も文句は無いねんけども。
 
 
 
先制点を奪って、1-0で前半を折り返したのは良かったけど、
後半開始後すぐに同点に追いつかれてしまうのは、もはや想定の範囲内。
 
それを見てアキラは、すかさずスンヨンに代えてラフィーニャを投入。
 
ただ、いくらラフィーニャを投入したところで、
前半から、武井のところにボールが入ると、
攻撃が詰まってしまう感があったから、それが解消されないと、
2点目を取るのが難しいかなとは思ってたんやけどね。
 
武井も2列目でチェイシングは良く頑張っているんやけど、
去年の橋本のように、攻守両面で気の利いたプレーを見せるのはやっぱり難しいんかな。
 
佐々木と交代させられたのも、この場面では妥当やったと思うわ。
 
 
 
そして、佐々木の投入直後に、その佐々木からのクロスを、
ラフィーニャが頭で決めて、なんとガンバが勝ち越し。
 
交代出場の選手2人で取った点やから、西野采配ズバリ的中と言ってもいいやろうね。
 
それにしても、ラフィーニャは素晴らしい。
 
2試合連続途中出場でゴールを奪うっていう芸当もそうやけど、
守備も献身的にやるし、福岡時代はMFだったこともあって、
中盤に下がってボールをもらう動きも上手いしね。
 
すでに、中東の方から油の匂いが漂ってきた感があるけど、
少なくともシーズン終了まではガンバにいてください。
 
 
 
最後は、ヘロヘロになっていた二川さんに代えて横谷を投入し、
時間稼ぎをしながら試合終了。
 
両チーム合計で3点しか入ってないから、なんとなく物足りない気がするんやけど、
実際はこれぐらいが普通なんやろうね。
 
そこらへんの感覚が麻痺してしまうのは、ガンバサポの悲しい性なんやろうか。

 
それにしても、今まで幾度となくガンバの挑戦を跳ね返してきた、
カシマとヤマハの2連戦で連勝を飾るなんて、何かの間違いじゃないかと思ってしまうわ。
 
8月は6試合すべてが関西での試合と言う事もあり、移動の面で楽になるけど、
こういう時に気が抜けて勝ち点を落としてしまうのが、ガンバの悪癖。
 
ただ、移動の面は楽とは言え、セレッソ、名古屋、川崎、柏と、
重要なカードが控えてるので、気を引き締めて臨んでほしいね。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿