2011年8月14日

大阪ダービーは勝ち以外負けと同じ

 
 
長居行ってきました。
 
 
ガンバ大阪11セレッソ大阪
 
 
あの、ガンバサポにとっては忌まわしき記憶である、
5.24以来となる大阪ダービー。
 
当然、この試合をネタにして、セレッソは挑発してくるやろなと思ってたけど、
ACLの映像が権利の問題で手に入らなかったのか、
素人が作ったようなアイコラ動画で試合を再現する、低クオリティ。
 
さらに、大阪プロレスとか言う団体の人たちを連れてきて、
マイクパフォーマンスをさせ、「ガンバ大阪?知らねぇなぁ」とか言って、
こちらを執拗に挑発。
 
ガンバサポの豚はダメで、あれは良いわけ?
サポーターじゃなくて、運営が主導でやってるからなおさらタチが悪いと思うんやけど。
 
あとは、スタッフの不手際で炎天下の中、ガンバサポを長時間放置した列整理もそうやし、
あんたらの運営・演出でどれだけの人たちが不快な思いをしたのか、
セレッソの運営の人たちはちゃんと考えてもらいたいわ。
 
 
 
そんな事が試合前にあったから、なんとしてもあいつらを叩きのめしたいと思って、
ガンバサポの応援にも熱が入ってたね。
 
それに呼応するかのように、相手陣に攻め込むガンバの選手。
 
山口やラフィーニャが続けて決定機を迎えるけど、
相手GK、キム・ジンヒョンが当たってたこともあり、これを決めることができず。
 
試合後、遠藤が言ってたように、
この時間帯で試合を終わらせなければいけなかったね。
 
 
 
この試合は、二川の故障の影響で、スンヨンが先発やったけど、
スンヨンは、二川のようなパスセンスは無いものの、
イ・グノとのホットラインや、2列目からの飛び出しで、
攻撃に良いアクセントをつけてたと思う。
 
それだけに、上本のタックルで負傷し、交代してしまったのが、
あまりにも残念やし、結果的にこの試合のターニングポイントになってしまった。
 
スンヨンの代わりに平井が入り、グノは2列目に下がるような形になったけど、
ラフィーニャと平井の動きがかぶる場面が多かったり、
グノがパスを出してもいいような場面で、1人で突っ込んでってシュートを打ったりと、
押してはいるものの、前線の流動的な連携は消えてしまった。
 
二川と佐々木の不在で、中盤と前線をリンクするタイプの選手がいないから、
こういう布陣にせざるをえなかったんやろうけど、
個人的には、平井じゃなくて、アフォンソや大森にこの時間帯から、
チャンスを与えてほしかったなと思う。
 
 
 
そして、後半。
 
やはり若さで勝るセレッソだけあって、
後半に入っても運動量が落ちず、ガンバをどんどん押し込みはじめたね。
 
ここから一進一退の攻防が続くけど、均衡が破れたのは後半31分。
 
流れるようなパスワークから、
キム・ボギョンがゴール左上隅に叩き込み、先制点を献上。
 
まあ、ガンバの選手のボールへのアプローチが遅れたのもあるけど、
このシーンに関しては、相手を褒めるべきやわ。
 
 
 
ガンバとしては久々に先制点を奪われて、追いかける展開になったけど、
すかさずCKからの流れで、中澤が同点弾を決めて1-1。
 
このままの勢いで勝ち越しまで持って行ってほしかったけど、
互いに譲らず、勝ち点1の痛み分けに終わりました。
 
後半45分に、アキラが「勝負に出た」とか言って、
大森をリーグ初出場させたけど、あとロスタイムしかないような状況で、
高卒ルーキーに何かしろってのも酷な話やわ。
 
それでも、ワンチャンス作った大森のプレーは良かったと思うけどね。
 
 
客観的に見れば、球際の攻防が激しくていい試合やったんかもしれんけど、
大阪ダービーは、勝利以外は負けと同じ。
 
試合後、拍手してる人も結構いたけど、
前述の試合前の不快な演出もあって絶対勝ってほしかったし、
リーグ戦での相手の順位を考えると、取りこぼしと捉えることもできるので、
俺は思いっ切りブーイングしました。
 
次の試合は、ACLの関係で名古屋と未消化になっていた試合。
 
誰もが言っているように、ここを勝てるかどうかが、
今シーズンを占うと言っても過言じゃないね。
 
俺は仕事でTV観戦もできそうに無いけど、ガンバの勝利を信じています。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿