2011年12月16日

バルサが片鱗でアル・サッドを退ける



バルセロナ40アル・サッド


どっちのチームが勝つかっていうよりも、バルセロナがどれだけ観客を魅了して、
何点取って勝つかっていう方に注目が集まっていたこの試合。

まあ、あくまでバルサの照準は決勝のサントス戦やから、
もっとメンバーを落としてくるかなと思ってたけど、
メッシやイニエスタをフル出場させたのを見ると、
グアルディオラは、ある程度日本のファンに気を遣ってくれんかなと思ったわ。

結果的にバルサは4点取ったけど、そんなに猛攻を仕掛けたって感じじゃなくて、
流し気味に試合したのにも関わらず、相手を圧倒したって感じやったね。



バルサは、試合が始まって5分ぐらいまでは、相手の出方を窺ってる感じやったけど、
アル・サッドがニアング1人を前線に残して、5バックで中央を固めてきたのを見るや、
DFラインをハーフウェアラインより前に上げて、相手陣内でやりたい放題。

そんな中でも、アル・サッドは粘り強く守ってたので、
バルサはなかなか先制点を奪えずにいたけど、前半25分に、
DFとGKの連携ミスを突いた、アドリアーノが押し込んでバルサが先制。

アドリアーノのポジションはSBやけど、前半の10分ぐらいから、
ウィングと見紛うようなポジションでプレーしてたから、
あの位置にいるのは驚きでは無かったね。

アドリアーノは前半43分にも左足でゴールを決めたけど、
このままバルサが勝っても、アドリアーノじゃ、
次の日のスポーツ新聞で絵にならないなと、余計な心配をしながら試合を見てた。

やっぱりこの日、日産に見に来た、6万6千人の観客も、
メッシのゴールを見たかったと思うしね。



メッシは、この試合でゴールこそ無かったものの、
3点目のケイタのゴールをアシストしたパスは素晴らしかった。

そのパスを受けた、ケイタのトラップも完璧に決まったし、
この試合で一番バルサらしいプレーが出たのが、
この後半19分の場面やったと思うわ。

後半36分には、この日、サイドバックの選手の3点目となる、
マクスウェルのシュートが決まり4-0。

90分通して、バルサが格の違いを見せつけ、
サントスが待つ決勝に駒を進めました。



ただ、快勝したバルサに不安点があるとすれば、
前半39分に、左足を骨折してピッチを離れたヴィジャ。

2年前のクラブW杯でも、準決勝でイニエスタが負傷して、
長期離脱を強いられているだけに、バルサにとって、
このクラブW杯の準決勝は、違う意味で無傷で終われない試合みたいやね。

そんなヴィジャの負傷という不安要素を差し引いても、柏とサントスの試合を見る限り、
サントスがこのバルサに勝てるとはなかなか考えにくいんで、
バルサ圧倒的優位には変わりはないと思う。

でも、5年前のインテルナシオナルは、そういう状況でバルサを破ったわけやし、
日曜日の日産で何が起こるかわからんけどね。















コメントを投稿