2012年4月29日

まだ2勝しかしていないのに、もう勝つ気が無くなったのか



カシマ行ってきました。



ガンバ大阪05鹿島アントラーズ


新監督を迎えて今季をスタートし、序盤戦こそ苦戦を強いられたものの、
ここにきて徐々に調子を取り戻しつつあるチーム同士の対戦。

ガンバは、前節の清水戦で良い勝ち方ができたので、
あのパフォーマンスをこの試合でも発揮出来たら、
勝機はあるんちゃうかなと思ってたけど、そんな淡い期待は見事に打ち砕かれた。

まあ、後半だけで10失点しててもおかしくないぐらい酷い内容やったから、
5失点で済んだだけまだマシやと思っておいた方が良いんかもしれへんね。



前半は、鹿島の遠藤の見事なミドルシュートで先制を許したものの、
ボールを保持して攻め込む時間帯もあったし、
今のチーム状態やアウェイと言う事を考慮すると、それなりに戦えてたから、
そこまで悲観的になる必要は無かったと思う。

ただ、後半に2失点目を喫した時点で、試合の流れを完全に持って行かれてしまった。

加地が主審に抗議している間に、素早くリスタートされ、
フリーで左サイドを抜け出した新井場のクロスから、興梠に決められるという、
あまりにも軽率な失点やった。

この試合の加地は、前半から大迫のカットインについて行けずに、
何度も突破を許していたし、
2失点目だけでなく、3失点目、4失点目にも絡んでしまうという、
散々なパフォーマンスに終始していた。

個人的には、まだ老けこむような年じゃないと思ってるので、
劣化という言葉だけで片付けられる前に、早く調子を取り戻して欲しいね。



あと、後半の低調なパフォーマンスに関しては、
選手交代がことごとく裏目に出たっていうのもあるね。

前半の終盤あたりから、寺田が既にガス欠気味だったし、
ラフィーニャも完全に抑え込まれていたから、
後半の頭から、寺田とラフィーニャに代えて、二川と阿部っていうぐらい、
思い切った選手交代をしても良かったんじゃないかなと思う。

狙いのよくわからないパウリーニョとスンヨルの投入は、
チームの機能不全を招いただけやった。



無様に失点を重ねていった試合は、最後に藤ヶ谷が盛大にオチをつけ、
ガンバサポの失笑と共に幕を閉じました。

水曜日には韓国に移動して、ACLの浦項戦を戦う事になっているけど、
正直、こんな試合をやってるチームがJリーグの代表として、
ACLを戦っていいのかと申し訳なさも感じるわ。

でも、試合は待ってくれない。

グループリーグ突破がかなり厳しくなっているACLが、
松波の中でどういう位置付けになっているか知らんから、
どういうスタメンで試合に臨むのかわからんけど、
どうせ倒れるなら、前方にダウンするような試合をしてほしい。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿