2012年5月7日

雨上がりのNACK5に虹は射さなかった



NACK5行ってきました。


雷雨の影響でキックオフが1時間遅れるというアクシデントもあったけど、
無事に試合が催行されて良かったわ。


ガンバ大阪01大宮アルディージャ


決めるところで決めておかないとこうなりますよという、典型的なパターンの試合。

全体をコンパクトに保って、いい距離感でパスもよく回ってたし、
アタッキングサードでの崩しも、なかなかアイデアが豊富で見ていて面白かった。

でも、肝心のゴールが奪えずに、時間だけが刻々と過ぎていくと、
後半28分、カルリーニョスのシュートの跳ね返りにDF陣の足が一瞬止まったところを、
チョ・ヨンチョルに突かれ、痛恨の失点。

この場面は、エアポケットができてしまったけど、
ここまでガンバのDF陣は、これまでの汚名返上と言わんばかりに奮闘していただけに、
攻撃陣がその頑張りに応えて欲しかったね。



そんな攻撃陣で気になった点は2つ。

1つ目は綺麗に崩そうとしすぎてるかなと思った。

確かに、ボールはよく回って、試合は支配できてたけど、
「もう1つ前のタイミングでシュート打っても良かったんとちゃう?」って、
いうシーンがいくつかあった。

強引にでもシュートを打ってれば、大宮の得点みたいに、
跳ね返りがFWの前にこぼれてくるなんて事も起こってたかもしれへん。

特にガンバユースの試合を見てると、こんな風に思う事が多いんやけど、
改めてこの日のスタメンを見たら、2列目が寺田と倉田やったから、
こうなってしまったのもなんとなく納得できたわ。



2つ目は、負傷の加地に代わって右SBに入った丹羽。

本職じゃないなりに頑張ってたとは思うけど、
オーバーラップのタイミングとかは、加地に比べると劣るよなって思った。

現に、佐々木が入るまでは、右サイドからなかなか良い形が作れなかったしね。

まあ、高木のSBも同じような感じやったし、このままでも戦えなくもないけど、
加地の負傷が長引いて、しばらくこのDFラインの面子で戦うんやったら、
一度、今野と丹羽のポジションを逆にしてみるパターンも試して欲しいね。

今野は、代表の試合でもSBやったりしてるし、
少なくとも丹羽よりは上手くこなすと思うんやけどな。


今年のゴールデンウィークに行われた3試合で、
ガンバは3試合連続無得点で3連敗を喫してしまいました。

3試合全てがアウェイだったって言う事を差し引いても、
納得なんかできるはずのない結果やね。

次節は万博で首位・仙台との対戦。

これ以上無いぐらい厳しい相手やけど、アウェイでさっぱり勝たれへん今、
万博で勝たれへんかったらどこで勝つねん!?

この大宮で得た良いイメージを大阪に持ち帰って、
12日までの中5日で首位迎撃体制を整えて欲しいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿