2012年5月19日

素直に喜べない今季初完封



自宅から一番近いスタジアム、日産に行ってきました。



ガンバ大阪00横浜F・マリノス


ここ最近、週末になると天候が悪くなる傾向があったけど、
そんな事も忘れてしまうぐらい、この日は快晴で、汗ばむぐらいの陽気やった。

そんな中キックオフの笛が吹かれると、マリノスの選手のピッチをワイドに使った攻撃に、
何度も左右に大きく走らされるガンバの選手達。

前半は頑張って食らいついてたけど、ここ最近のガンバは運動量が不足しているし、
今日の天候も相まって、後半になると厳しいんじゃないかと思って見てた。

予想通り、後半に運動量が落ち、
押し込まれはじめたガンバを救ったのは、木村やったね。

何本も決定的なシュートを打たれるも、ゴールを割らせなかったセービングが光ったね。

ガンバサポの誰もが失点を覚悟したPKを、
俊輔が外してくれるっていうラッキーもあったけど、
このシーンに関して、試合後に俊輔がコメントしているように、
木村のデータが無い事に対して、必要以上にナーバスになって起こったミスやから、
ガンバの今季初完封は木村によってもたらされたって言っても過言じゃないやろうね。



守備陣が久し振りに奮起した事もあって、
攻撃陣もその頑張りに応えたかったところやけど、この試合でも無得点。

相変わらず、「とりあえず佐藤に当てて…」っていう攻撃をやってるけど、
いくら佐藤のポストプレーの精度が向上してきたと言っても、
相手が、代表クラスのボンバーと栗原じゃあまりに分が悪すぎる。

倉田、遠藤、藤春のコンビネーションで左サイドからたまにチャンスは作るけど、
寺田と丹羽の右サイドは、相変わらず機能してないから、
どっちから攻撃してくるのかがバレバレで、マリノスもさぞかし守りやすかったやろな。

大宮戦のように佐々木の投入で、右サイドの活性化を図りたかったところやけど、
ダッシュの際に足を痛めて途中交代という、何度も見た光景をこの日も拝む事となり、
活性化どころか、アクシデントをガンバにもたらすだけという有様。

そんな佐々木に代わって入ったスンヨルの空気ぶりを見た時には、
「この試合、引き分ける事はできても、勝つのは難しいやろな」って思ってしまったね。

こういう苦しい状況やから余計に、
前半のボンバーのオウンゴールがファウルの判定で取り消されたのが悔やまれるわ。


去年の日産スタジアムでのこのカードの時は、首位攻防戦だったということもあり、
満員になったアウェイゴール裏だけでなく、
メインやバックにもガンバのユニを着ている人たちがたくさんいたけど、
この試合のゴール裏は、去年と比べたら寂しいもんやった。

まあ、この成績じゃしょうがない部分もあるけど、
選手は今のスタンドの光景を見て、危機感を持ってほしいと思う。

次節は金曜日に万博で鳥栖と試合です。

去年のACLのラウンド16を、日程面で不利な状況で戦った末、
敗北を喫したという教訓を活かしての金曜日開催やけど、
今となったらただ虚しいだけやね。

そんな虚しい金曜日開催のゲームやけど、勝利で有意義なものにして、
良い形で中断期間に入ってほしいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿