2012年12月29日

エコパ経由国立行き



エコパ行ってきました。




ガンバ大阪10鹿島アントラーズ


レアンドロが累積警告で出場停止、明神が負傷欠場、
決して相性が良いわけではないエコパスタジアム。

試合前だけでもこれだけのネガティヴ要素が揃っていたのに、
そこにガンバの天敵・村上伸次を主審に持ってくるなんて、
日本サッカー協会の嫌がらせとしか思われへんかったわ。

でも、蓋を開けてみれば、ガンバらしからぬウノゼロというスコア。

しかも、ガンバの天皇杯のお約束でもある、
延長戦をやらずに90分で決着を着けたもんやから、
驚き以外の何物でもないわ。

それに、ここにきて今季初の公式戦3連勝。

なんでリーグ戦でこれができへんねんって、
愚痴の一つでも言いたくなるところやけど、
これもまたサッカーなんやなって思って、その愚痴を喉の奥に閉じ込め、
素直に元日の決勝を戦う選手達をサポートしたいと思う。



試合は、前半はガンバのペース、後半は鹿島のペースっていう感じやったかな。

この日のエコパの上空は分厚い雲に覆われていたんやけど、
前半に20分ほど、雲の隙間から太陽が顔を出して、
眩しいぐらいにピッチを照らしてた時間帯があったんよね。

ちょうどその時間帯のガンバは、この試合で一番のパフォーマンスを披露してて、
まるで太陽がガンバのパスワークにスポットライトを当ててるみたいやったわ。

そして、遠藤の先制ゴールが生まれたのもこの時間帯。

遠藤がショートコーナーから、あのシュートを狙う光景は、
今まで何回か見た事あるけど、もしかして決まったのは初めてじゃないだろうか。

遠藤の中ではまぐれだとしても、ファンにとってみれば、
金を払って見る価値のある、千両役者の一撃やったと思うわ。



後半に入って、また分厚い雲がエコパの上空を覆い始めると、
今度は徐々に鹿島がペースを握り始めたね。

正直、「やられた!」って思ったシーンは何度かあったけど、
その度に鹿島が決定力不足を露呈してくれて、なんとか救われた感じやった。

試合のペースを覆せないまま、試合は終盤を迎えたわけやけど、
リスタートに時間を掛けたり、コーナーキープをして時間を稼いだりと、
まるで鹿島のお株を奪うかのような試合の潰し方で、まんまと逃げ切りに成功。

3大会ぶりの決勝戦に駒を進めました。


天皇杯の元日決勝をいつまで続けるのかはわからないけど、
やっぱり日本サッカーを愛する者として、元日の国立のピッチは特別なもの。

そこで相対するのは柏レイソル。

今季はナビスコも含めて4戦し、1分3敗と、全く勝ててないけど、
セレッソ戦と、この鹿島戦を見る限り、今のガンバなら十分勝機はあると思う。

まあ、今のガンバがリーグ戦の時のガンバと違うっていうのは、
向こうも良く分かっているやろうけどね。

2013年は新年早々、J2に降格したチームが天皇杯優勝っていう、
斬新な話題を世間に投下するところから始めましょうや。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ










コメントを投稿