2012年12月9日

クラブW杯を盛り上げ損なった広島



サンフレッチェ広島12アル・アハリ


この結果には、広島のサポーターだけでなく、
日テレの関係者の人たちも頭を抱えているだろうな。

メッシもネイマールもいない今回のクラブW杯で、
大会を盛り上げる数少ない要素として期待された日本勢が、
ベスト4に進んで南米勢と対戦する事ができなかったわけやからね。

寿人が後半にドフリーで抜け出した1対1を決めていれば、
試合はわかんなかったかもしれないけど、
この日の広島は全体的に勝負にこだわってないように見えたね。

特に、青山や高萩あたりが、自分でシュートに行けるのに、
わざわざ寿人にパスしているシーンを見て、
「何、余裕をかましてるんだ」って思ってしまった。

まあ、こういう綺麗に崩すのが広島のスタイルだって言われたら、
返す言葉が無いんやけども、それはゴールを奪えて初めて成立するもので、
この日の広島は、「決める時に決めとかないとこうなりますよ」っていう、
見本を披露しただけにすぎなかったね。

守備に関しても、アル・アハリの右サイドの選手が、
カード覚悟で清水を止めに行った時のような気概が広島の選手にあったら、
きっとこの日の失点は両方とも防げたんじゃないかな。



試合開始早々に西川が負傷し、予期せぬ交代カードを切る羽目になった時点で、
この日の広島にはツキが無い感じはしてたけど、
西川不在がこの試合に大きく影響を与えたかと言えば、そんな事は無いと思う。

アル・アハリの方も、ガリっていう選手が負傷交代したから、条件は同じだったわけやし、
むしろ、スクランブルで途中出場したルーキーの増田は、
よくやっていたように見えたけどね。

あの2つの失点シーンにしても、西川がいたら防げたっていうもんでもなかったし。

まあ、個人的に、西川って、足下の技術は日本人GKで一番上手いけど、
それ以外の能力に関しては平凡なGKやと思ってるからね。

日テレも、西川が日本代表やからって言って、
随分と過大評価しすぎな感じがするわ。



広島は、アル・アハリに敗れた事で5位決定戦へ進む事になりました。

5位決定戦の相手は、韓国の蔚山現代です。

こういう国際舞台で韓国勢と試合するのって、
なんとなく、竹島問題でサッカーとは関係の無いところで盛り上がってしまった、
ロンドン五輪の3位決定戦を思い出してしまって、あんまり良い気分はしないけど、
広島には、この日見られなかった勝負にこだわる姿勢を強く意識して、
日本サッカーの意地を見せて欲しいなと思います。














コメントを投稿