2013年10月6日

なんとかなっていた事が、なんとかならなくなってきている。



春先にJ2シーズンの日程が発表されて以来、
行ってみたかった栃木グリーンスタジアム。

チケット争奪戦に敗れ、泣く泣く参戦できなかったけど、
この試合を見た後やと、行かなくて正解だったのではと思ってしまった。


ガンバ大阪24栃木SC


今季、ガンバが負けた試合を見ると、
前節の愛媛戦のように引いた相手を崩せなかったり、
アウェイの千葉戦や万博での長崎戦のように、
前線からの激しいディフェンスに屈したりというように、
運動量や球際の激しさの前に敗れたっていう印象が強いんよね。

でも、この試合の栃木は、高い位置でガンバのDF陣を左右に揺さぶるっていう、
攻撃面での対策はしてきたけど、前線からのチェイスも無ければ、中盤のプレスも緩く、
これまでガンバを破って来た相手から見られた守備意識の高さは見られなかった。

それどころか、後半2対2のスコアで、
栃木としてはドローも考えてもいい状況やったのに、
前掛かりになっているガンバに果敢にも応戦。

5,6年前なら、蛮勇と取られてもおかしくなかった松本監督の決断は、
ガンバから2点を奪う事に成功した。

ガンバの立場で言えば、J1昇格を争っている順位にいるわけでもない相手に、
正攻法のやり方で負けてしまったわけやから、
今まで以上に危機感をもってやらないと、プレーオフ圏内へ順位を落とす事も、
十分に考えられるわ。



前節の愛媛戦での敗戦を受け、ロチャ、阿部、岡崎を外し、
川西、大森、そして皆が待ち望んだ倉田が復帰してスタメンに名を連ねたね。

ところが、栃木の右サイドのからのクロスに、今野がクリスティアーノに対し、
人につくのかスペースを守るのかはっきりしないお粗末な対応でシュートを打たれ、
こぼれ球をサビアに押し込まれ、あっさりと先制点を献上。

またしても試合開始早々に先制されると言う、
いつまで経っても治らない悪癖を見せつけられ、
サポーターとしてはうんざりするばかりやったけど、
前半はそこまで悲観するほど悪くなかったと思う。

宇佐美が夏の移籍市場でガンバに復帰して以来、
倉田と同じピッチに立つのは初めてやったわけやけど、
三都主のサイドチェンジをカットしてからの、倉田から宇佐美へのスルーパスや、
同点に追いついた場面での、倉田のスルーパス、宇佐美のボールを受ける動き、
川西のマーカーを引きつける動きからの宇佐美のシュートを見た時は、
宇佐美と倉田が同時にピッチに立つ事の相乗効果のようなものが感じられた。

それに、川西、大森、倉田の3人は前線からのディフェンスも頑張っていたし、
後半になって、もっと良くなるんじゃないかなっていう兆しは感じたんよね。



ただ、後半開始直後、三都主のクイックリスタートに、
サビア以外の20人が誰も反応できないという、
敵も味方も欺くセットプレーから、まんまと勝ち越し点を許してしまった。

さらに、後半16分に前半から、前線で良い動きをしていた川西と倉田を下げ、
ロチャと阿部を投入したことで、前半見られた、
前線での連動性が失われる事になってしまった。

試合の事を考えると、倉田はもっと引っ張っても良かったんじゃないかと思うけど、
故障明けであまり無理はさせられないから、交代はやむなしといったところ。

ただ、川西を下げた狙いは何だったんだろうって思うのよね。

阿部が、大森と遠藤との連携で同点ゴールを挙げたものの、
ロチャは、守備をするでもなく、DFと駆け引きをするでもなく、
明らかに前線でブレーキになってしまっていた。

さらに、前線の動きが少なくなった事で、
遠藤と内田のボランチから展開されるボールが栃木の選手に引っ掛かるようになり、
カウンターを浴びる場面も増えた。

これを見た健太さんは内田と岡崎を交代させると言う、
今まで試した事もないような応急処置的な交代策を講じるも、
チグハグ感は最後まで解消されず。

それどころか、カウンターから、
守備での約束事があって無いような形で2失点を許してしまったけど、
取られるべくして取られた点っていう感じがしてならないわ。



来週は日本代表の東欧遠征があるため、リーグ戦はお休みで、
天皇杯の大宮戦が熊谷であります。

まあ、栃木戦に出ていた代表組2人は、
心は半分以上ヨーロッパに行っている感じやったし、意外と2人がいないことで、
チームに良い影響を及ぼすんじゃないかなと思ってるんよね。

6月の代表組不在の時期に、万博で栃木と対戦した時は、素早い攻守の切り替えと、
前線からの高い守備意識で相手を圧倒して、3-0で勝ったわけやし、
これと同じ事が大宮相手にできれば、十分勝機はあると思う。

ただ、ベルデニックショックから立ち直れていない大宮も、
この天皇杯を再浮上のきっかけにしたいと思ってるやろうけどね。

幸い、この試合のチケットは取れたので、
来週は、8月の横浜FC戦以来の現地参戦を楽しんできたいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿