2013年10月15日

なんという遠征費用の無駄遣い



日本01ベラルーシ


俺の中でベラルーシと言えば、
シュツットガルドやアーセナルにいたフレブのイメージなんやけど、
今回の代表には招集されてないのね。

と、なると、ベラルーシってどんな選手がいるのか全然わからんし、
どんなサッカーをやってくるのかも皆目見当つかない。

まあ、旧ソ連の国やから、ガッチリ後ろでブロックを作って守って、
電柱系のFWにロングボールを当てて、セカンドボール勝負みたいな、
前時代的なサッカーをやってくんのやろと、先入観を持って試合を見てたら、
意外にも、後ろから丁寧に繋いでくるでやんの。

ポストプレーを使って、中盤の選手の押し上げを促したり、
シンプルなワンツーでサイドを崩す場面もあったりで、
なかなか面白いサッカーしてたね。

浮き球のくさびのパスをペナルティエリア内の選手がワンタッチで落とし、
それを豪快なミドルで叩き込んだ、この試合の唯一の得点シーンは、
敵ながら見事な崩しやったわ。

W杯予選では、スペイン、フランスと同組になってしまい、
残念ながら敗退してしまったけど、ベラルーシの監督は良い仕事してると思うね。



対する日本はと言うと、セルビア戦に続き、この日も無得点という体たらく。

特に1トップが全く機能してないように見える。

この日のスタメンは、セルビア戦と同じメンバーだったので、
1トップに柿谷が入ったけど、いかんせん、1トップってタイプの選手じゃないし、
動き出しも周りと合わないしで、試合中は完全に空気やった。

後半の途中から、そんな柿谷に代えて森重を投入して、
本田の1トップにシフトしたけど、
本田はボールを貰いに頻繁に中盤に下がってくるから、
いざボールを奪って攻めようにも、前に誰もいないっていう状況になっちゃうのよね。

かと言って、今更、ハーフナーに期待する気も起こらんから、
シンプルに、クラブチームで1トップを張ってる、大迫とか豊田を招集して起用した方が、
よっぽど機能するのではないだろうか。

新戦力のテストという意味合いでも、そっちの方が有意義やと思うし。



国内ばかりで代表戦を行う日本代表戦にあって、
今回の欧州遠征は貴重なスケジュールやったわけやし、
実りの秋に相応しい試合をしてほしかったんやけど、
収穫らしい収穫なんて無かったんじゃないだろうか。

結局、齋藤学も招集するだけ招集して、起用しなかったわけやしね。

まあ、来月にもベルギーに遠征してテストマッチを行うから、
来年のW杯に向けて、少しでもポジティヴになれる要素を見せて欲しい。

それまで、各々、自分の所属チームで、本田がよく言うところの、
「個の力」を磨いてほしいと思います。

あ、一つ付け加えて言っとくと、
俺はこの試合をモイーズがチェックしてない事を祈るね。

おそらく、この試合の香川を見た後やと、
ますます試合で起用する気無くすやろうから。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ









コメントを投稿