2013年10月12日

スタンコビッチに花道を作るためだけに東欧遠征した我らの代表



今週は仕事が忙しく、金曜日は日付が変わってから帰宅。

疲れてたからすぐにでも寝たかったんやけど、
代表の試合があると言う事で、眠気を押し殺してTVを見てたんやけど、
そこまでして見る価値のある試合でも無かったなと後悔してるわ。


日本02セルビア


前半10分までは、セルビアが生んだ名手、
デヤン・スタンコビッチの引退試合という側面もあったから、
どことなく緊張感の無い試合やった。

スタンコビッチはたくさん点を取ったり、
華麗なプレーをして観客を沸かせるような選手では無かったけど、
トップ下、サイドMF、ボランチと、
戦況に応じてどこのポジションでも高いレベルでこなす選手やったから、
戦術の国のイタリアではとても重宝された選手やったね。

ロングシュートが得意で、相手のGKがクリアしたボールを、
ハーフウェアライン付近からボレーシュートで蹴り返して、
ゴールを決めたプレーがとても印象に残ってるわ。



お疲れさまでした。



スタンコビッチがピッチから退いてから、
ようやく本格的に試合が始まったっていう印象。

日本はここ最近の試合で、失点が多い傾向があったから、
DFラインの位置がいつもよりも深めに設定されてたね。

ただ、DFラインの位置が低いということは、
ボールを奪った後の攻撃の開始位置が下がるということやから、
攻撃陣の負荷が必然的に高くなるわけやけど、
この日の本田と香川のプレーからは、そこまで多くのものは期待できず、
前半、シュート2本に終わるという有様。

この日の1トップには柿谷が入ったけど、
柿谷が1トップでプレーするようになってから、
ゴール前で下手に手数を掛けるようになってシンプルな攻撃が減ったような気がする。

この試合でも、アタッキングサードまでボールを運んでも、
セルビアのDFラインに引っかけてボールを奪われるシーンが目に付いたしね。

本田は柿谷のことを評価してるみたいやけど、
個人的には、そろそろ化けの皮が剥がれてきたんじゃないかって気がしてるわ。



後半になって、シュートまで持って行けるようになったけど、
逆にセルビアに先制点を許す始末。

バスタのシュート性のパスをコントロールしてゴールを決めた、
タディッチのプレーは上手かったけど、
完全にエアポケットみたいにタディッチがフリーになっていたのもまずかったな。

まあ、ガンバでまずいプレーを見せ続けている今野と、
サウサンプトンで出場機会を失っている吉田のコンビでは、
この程度の守備しかできないってことなんかね。

その後も、何度かセルビアゴールに攻め込むも、結局同点に追いつく事は出来ず、
それどころか、試合終了間際に細貝の軽率なパスを奪われると、
その流れのカウンターから追加点を許し、万事休す。

今季から所属しているヘルタ・ベルリンでは、安定した出場機会を得てて、
再度、ボランチのスタメン争いに名乗りを上げたかに見えた細貝やけど、
ちょっと、あのプレーはザッケローニに悪い印象を与えてしまったんじゃないだろうか。

この日は、遠藤がケガを押しての出場やったけど、
他のボランチの選手がこんな調子では、
ザッケローニも遠藤に無理させざるをえないんやろうな。

そして、ますます遠藤のガンバでのプレーが省エネになっていくという
ガンバサポにとっては好ましくない悪循環か。

勘弁して欲しいわ。



次戦はベラルーシ戦。

セルビアほどの強豪では無いから、新しい選手や戦術を試す余裕もあるやろうし、
セルビア戦で出場機会の無かった齋藤学を見てみたいかな。

まあ、ザッケローニのことやから、呼ぶだけ呼んどいて使わないっていうのが、
十分考えられるケースなのが悲しいところなんやけどもね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ








コメントを投稿