2016年8月14日

だからこの手のセレモニーはガンバ戦ではやらないほうがいいって何回言ったら・・・



エコパ行ってきました。




ガンバ大阪20ジュビロ磐田


試合後に、オランダに移籍する小林祐希の退団セレモニーがあると聞いて、
なんとなくこの試合は勝てると思ってたんだよね。

なんせ、相手チームのメモリアルゲームで、
空気を読まずにことごとく勝利してしまうガンバさんですから。

小林としては、勝って気持ちよく移籍したかったことだろうけど、
人生はそう上手くいかないということは、
2ヶ月前に、勝ち試合で宇佐美を送り出してやれなかったのでよくわかるよ。

海外では通用しないとか色々言われている小林だけど、
何事もチャレンジしてみないことにはわからないので、
挑戦する姿勢は素直に応援してあげたいと思います。



この試合のスタメンは、アデミウソンの1トップに、
2列目に倉田、阿部、大森が並び、ボランチは遠藤と今野という布陣。

前節、スタメン起用で結果を残せなかった呉屋に至っては、
ベンチにも入らないという、長谷川健太のドライぶり。

前半は、磐田のDFラインのコントロールが上手くいっていたのか、
オフサイドでチャンスを潰す場面が多かったように思う。

また、前節に引き続き遠藤がボランチに入ってことで、
ビルドアップでのボール回しがスムーズになったのと引き換えに、
バイタルエリアの守備が緩かったように見えた。

後半、リードを奪うとすぐに遠藤を下げて長沢を投入し、
倉田をボランチに下げて対応したように、
この部分は長谷川健太も気にしていたようやね。



後半に入って、徐々に磐田の陣形が間延びし始めた頃から、
2列目の選手たちが前を向いて勝負できる局面が増え、
良い形を多く作れるようになったね。

そして、後半12分にアデミウソンのゴールで先制。

オ・ジェソクからのクロスをペナルティエリア内で受け、
冷静にターンしてDFを剥がす技術の高さは、彼ならではのものだった。

あと、結構前から思っていたことだけど、
大森は、後ろがオ・ジェソクの方がやりやすいんじゃないだろうか。

倉田は、後ろが藤春の方がやりやすそうにしているし、
左サイドの前と後ろの組み合わせは、
固定した方がいいんじゃないかと思うね。



このまま1-0で手堅く逃げ切りかなと思っていたら、
後半38分に、仕上げのリンスならぬ仕上げの長沢。

ただ、このゴールに関しては、長沢は押し込むだけだったので、
左サイドをぶち抜いた堂安の個の力に依るものと言っても差し支えないだろう。

一昨年、3冠を達成した時は、倉田と阿部と大森を、
高い次元でローテーションさせることができていたけど、
この試合のように3人同時に先発させると、控えが心許無いので、
堂安が計算できるようになるととても大きいね。

なんか、今季は2列目のポジションに、
長谷川健太の子飼いの選手もいたようなするんだけど、まあいいか。

この調子だと次節もチャンスを与えられると思うので、
次は得点に期待したいところやね。



次節はホームで神戸と対戦。

今季初の3連勝を飾り、ようやく調子が出てきたところに、
ガンバ対策の大家であるネルシーニョと相対するのは正直嫌だけど、
2ndステージの順位テーブルでもようやく上が見えてきたので、
しっかり勝って食らいついていきたいね。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村













コメントを投稿