2016年8月6日

日本代表・藤春選手への苦情はガンバ大阪では受け付けません



日本45ナイジェリア


何日も前からマナウスに乗り込んで調整を続けていた日本に対し、
航空券が発券出来なかったとか、乗る予定の飛行機が小さかったとかで、
なかなか現地入りしないナイジェリア。

試合自体が開催されるか危ぶまれていたのにも関わらず、
当日に現地入りしたナイジェリアにしっかり負けてしまうとか、
「準備は十分に出来ている」という手倉森の言葉は、
一体何だったんでしょうかね。

ナイジェリアはコンディション不良なのではという声も聞かれたけど、
滞在するだけで体力が奪われるという、
アマゾンのジャングルの中に何日もいるより、
試合当日に現地入りして、サクッと試合だけやって帰るという方が、
案外、コンディション的には楽なのかもしれないね。



試合中は仕事していたので、スマホで試合経過を仕入れていたら、
コメント欄で藤春がやけに叩かれていたので、
そんなに酷いプレーをしていたのかと思って、
帰宅して録画で確認したんだけど、いつも通りの藤春だったので、
正直、藤春に何を期待していたんだろうと思った。

そもそもこの選手、ガンバサポよりも、
他サポからの方が評価されている傾向があるよね。

藤春の武器は、スピードとスタミナを高いレベルで兼ね揃えているところで、
さらに、中2日、中3日の連戦が続いても、
コンディションを落とさないところである。

手倉森は、高温多湿のブラジルで連戦を戦うにあたり、
藤春のこの部分を評価してオーバーエイジで招集したと思っているので、
ナイジェリアのミケルがピッチ上で発揮していたようなリーダーシップを、
藤春に求めるのはお門違いだと思う。

また、1失点目と5失点目の場面で、
ナイジェリアの選手に入れ替わられた守備に関しても酷評されているけど、
あれでも、新人の頃に比べたらだいぶ良くなった方なんだけどね。
(正直、これらの失点に関しては櫛引の対応もどうかと思ったけど・・・)

スピードがあるから、裏のスペースを取られることはまず無いし、
クロスのコースを切るのも上手いので、
JリーグではこれでもSBとしての守備は十分にやれるんだけど、
失点の場面のように1対1で入れ替わられて、
グッと体を前に入れられると、当たりに弱い藤春が奪い返すのは厳しい。

室屋がボールロストした3失点目の場面にも、同じようなことが言えるけど、
そもそもJリーグには、あんなSBをフィジカルで抑え込んで、
前に出てくるような抜き方をする選手は少ないから、
国際経験の乏しさから来るプレーのようにも思えたね。

と、言うわけで、コロンビア戦とスウェーデン戦では、
上記の内容を踏まえて、藤春という選手を見ていただければと思います。

まあ、亀川が出てくる可能性も無きにしも非ずだけど。



攻撃陣に関しては4得点を挙げたので、
十分に合格点をあげられる出来だったと思う。

ナイジェリアのディフェンスも、日本に負けず劣らずのザルっぷりだったので、
同じやり方でコロンビアに通用するとは思えないけど、
良いイメージが出来たんじゃないかな。

元セレッソの選手を褒めるのは癪だけど、特に南野はよく頑張っていたと思う。

前半の2点目のゴールなんて、以前の南野ならGKにぶつけていたのに、
冷静に股下を抜いたあたり、オーストリアでの成長の跡が見て取れたね。

また、原川や遠藤あたりからもう少し良いボールが出てくれば、
チャンスになりそうな場面も多かっただけに、
コロンビア戦ではボランチの人選を再考して欲しいね。

まあ、ただ井手口が見たいだけっていうのもあるけど。



是が非でも勝ち点を取りたかったグループリーグの初戦で、
勝ち点0に終わったのは痛恨。

ただ、中2日で次の試合が控えている現状、
ズルズル引きずっていてもしょうがないので、
4得点を奪い、且つ、最少得失点差での敗戦というところに光明を見出して、
気持ちを切り替えてコロンビア戦に臨んでほしいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村










コメントを投稿