2018年5月2日

頼れる男の頼れる仕事



ガンバ大阪10ベガルタ仙台


これまで数多くの勝ち点をアウェイチームに献上してきたことで、
接待力に定評のあるスタジアムとされてきた我らがホームですが、
なんと、この試合に勝利したことでホーム4連勝。

残留争いをしているシーズンにこのような成績を残しているあたり違和感を感じるけど、
吹田スタジアムも3年目を迎えて、
いよいよホームがホームらしくなってきたんじゃないだろうか。

まあ、ホームでの強さとは対照的に、
アウェイでここまで挙げた勝ち点は0というあたり、
もっとバランス良くいかないものかなぁと思っていたりするのだけども。



この試合のスタメンは3-0で勝利した前節のスタメンと全く同じ。

前回のブログでも同じことを書いたけど、
遠藤とマテウスのダブルボランチではバイタルエリアがスカスカになる。

前節の対戦相手の鳥栖は、イバルボ不在時の攻撃が確立されていないこともあってか、
ガンバのバイタルエリアのスペースを使って攻めてくる機会が少なく、
致命傷にならずに済んだけど、この試合の対戦相手の仙台は、
序盤からガンバのCBとボランチの間のスペースに入り込んでミドルシュートを放つなど、
ガンバのウィークポイントを的確に突いてきたね。

林の好セーブで難を逃れることは出来ていたけど、
前節の鳥栖戦と比べたら、失点してもおかしくない場面は多かったように思う。



バイタルエリアのスペースをこのまま放置しておくのはまずいと思ったのか、
後半頭から故障明けの今野を投入。

3月の柏戦以来、1か月半ぶりの復帰となった今野だけど、
百戦錬磨のベテランは、しっかりと危険なスペースを消すことに成功したね。

選手の起用法に関して疑問を感じることが多いクルピだけど、
この場面の処置については対応が早かったと思う。

また今野は、倉田の先制ゴールをアシストするだけでなく、
自身もシュートで積極的にゴールを狙うなど、攻撃面に於いても存在感を発揮し、
「守るも攻めるも頼れる男」という、チャントの歌詞通りの活躍を見せてくれた。

マテウスも徐々に自分の持ち味を発揮しつつあるので、
今野と共に強固なボランチコンビを形成していって欲しいと思うね。



今季初の連勝を飾ったとは言っても、
相手はここ数試合勝ち星から見放されている鳥栖と仙台なので、
今のガンバの実力を推し量るには難しいところ。

ただ、次節は、ここまでリーグ戦で3位につける札幌と、
彼らの聖地・札幌厚別公園競技場で対戦とあって、相手・舞台に不足はない。

中2日の連戦が続いて体力的にはきついと思うけど、
ゴールデンウィークの土産は北の大地から勝ち点3といきましょう。



にほんブログ村












コメントを投稿