2009年6月7日

ここからがスタート

 
 
日本10ウズベキスタン
 
 
 
日本、4大会連続4度目のW杯出場決定!!
 
 
 
いや~、色んな意味で熱い試合やった(苦笑)
 
ホンマはこれからの方が大事やねんけど、
今日だけは、勝利の余韻に浸って、 戦いの疲れを癒してほしいね。
 
 
 
試合は、序盤からホームのウズベクが攻勢に出てたね。
 
…と、言うより、今日のシリアの審判団は、
明らかに相手寄りやった(-_-;)
 
そのうえ、芝の長いピッチでボールが走らないし、
シュートも浮いてしまうから、選手もやりにくそうやったね。
 
 
そんな感じやったから、
今日は難しい試合になるやろなって思ってたけど、
 
前半8分、
憲剛のアウトサイドのパスに抜け出した、岡崎がシュート!!
 
1度はGKに弾かれるものの、
こぼれ球を頭でねじ込み、日本が幸先よく先制!!
 

 
いや~、ノッてる男は何かが違うね♪
 
憲剛からのパスを受けた時に、
スピードを落とさなかったのも良かったし、
 
何より、シュートした後もボールへの集中力が
切れなかったのは素晴らしかった。
ナイスゴールやったね!!
 
 
そんな先制点の直後に、
日本がいい位置でFKをもらうも、
ヤットのシュートは左のポスト直撃。
 
惜しい!!
 
 
でも、いい感じで攻めてる日本。
 
そのうち追加点も奪えるやろなって思ってたけど、
徐々に、流れはウズベクへ…。
 
 
失点直後からウズベクは、運動量、高さ、フィジカルを武器に、
ゴール前に人数をかけて、日本のゴールに迫ってきたね。
 
しかし、日本の最終ラインの素晴らしい対応により、
大事には至らず。
 
前回のホームのウズベク戦で決定的なミスを犯した
赤チョンマゲも、今日は安定してたね
 
 
試合はこのまま、内容では日本劣勢の状況ながら、
スコアでは1点リードで前半が終了。
 
 
 
そして、後半開始。
 
 
後半は、さらに劣勢の状況に拍車が掛かり、
防戦一方になる日本。
 
 
とは言うものの、ウズベクもウズベクで、
プレーの精度を欠いて、自らチャンスを潰してたから、
そんなに危ないシーンは無かったね。
 
 
そんな状況が続いて、後半21分。
アシストを決めた憲剛に代わって、本田投入。
 
さらに後半24分には大久保に代えて、矢野を投入。
 
 
しかし、フレッシュな2人が入っても、
流れは、依然ウズベクペース。
 
日本はセカンドボールをことごとく
ウズベクに拾われて苦しい展開やったね。
 
 
後半30分を過ぎると、ウズベクの怒涛の攻撃。
 
特に、去年のAFCアウォーズで、
アジア最優秀選手の座を遠藤からかっさらい、
ガンバサポの間でちょっとした有名人になった
ジェパロフのFKには思わず肝を冷やしたね。
 
 
でも、今日の日本のDF陣は安定してたから、
なんだかんだでこのまま終わるかなって思ってたんやけどね…
 
まさか、最後にあんなオチが待ってるとは…
 
 
後半ロスタイム直前、長谷部が相手選手に肘を出したとして、
一発キムチ券で退場。
 
故意じゃないように見えたけどね(-_-)
 
っていうか、なんであれがレッドで、
その前のウズベクの選手の岡崎へのバックチャージは
お咎め無しだったんだろうか…
 
 
その後、なぜか岡田も退席処分。
 
暴言を吐いたとのことやけど、
あのシリア人主審は、日本語がわかるのか?
 
アウェイの洗礼って言っても、
あの審判団は単にアジアの審判のレベルの低さを
世界に晒してるだけやね
 
 
長谷部の退場により10人になった日本やったけど、
その後も続く、ウズベクの猛攻を凌ぎ切り、1-0で勝利!!
 
 
 
日本が、世界最速で南アフリカへの切符を手にしました!!
 
 
 
まあ、もちろん嬉しい気持ちはあるんやけど、
タイトルにもあるように、「ここからがスタート」っていう
気持ちの方が強いかな。
 
今回のW杯予選のアジア枠は4.5っていうこともあって、
日本のアジアでの位置づけを考えれば、比較的突破が容易やった。
 
それに、前回のドイツW杯では何もできへんかったから、
「次こそは」っていう気持ちもあるしね
 
岡田には、これからの1年間で、
本大会で結果が残せるようなチーム作りをしてほしいね。
 
 
そのためにも、次の10日のカタール戦からは、
結果はもちろん、試合内容や、個人のプレーの質を
どんどん高めていってほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 

 
 
 
コメントを投稿