2009年6月17日

日本はオーストラリアの影

 
 
なんかね、「因縁の相手オーストラリア」とか、
「ドイツでのリベンジ」とか言う謳い文句で、
この試合の番宣をしてたけど、
W杯の借りはW杯でしか返せないと思うんですよね。
 
一昨年のアジアカップでも、今年の2月のW杯予選でも、
同じような事言って試合を盛り上げようとしてたけど、
あんまりしっくりけえへんかったし、
ましてや、今回は消化試合やからなおさらやね。
 
 
で、そんな因縁(?)のオーストラリア戦ですが、
試合の方はどうだったのかと言うと…
 
 
 
日本12オーストラリア
 
 
う~ん・・・、言うほどオーストラリアは
メンバーを落としてけえへんかったし、
 
そのうえ、俊輔・遠藤・中澤抜きっていう状態の割には、
同点に追いつかれるまでは、結構頑張ってたかな、と思う。
 
まあ、その後の体たらくぶりと言ったら無かったけどね。
 
 
前述のとおり、今日は中澤が体調不良で欠場と言うことで、
我らがカピターノ、山口智の先発が予想されたけど、
残念ながら、出場機会すら無し。
 
まあ、智を使ってほしいっていうのは、
ガンバサポのエゴかもしれんけど、
このW杯予選に臨むにあたって、
 
「人生をかけてやりたい」って語ってた、
彼の気持ちを考えると、どうしてもやりきれない気持ちになる。
 
ましてや、槙野に至っては、キリンカップを含めても出番無しやし、
岡田は、もうちょっとその辺を考えてあげてもよかったんとちゃうかな。
 
智と槙野の2人が、
本職ボランチの阿部に劣るというのかね…
う~ん・・・(-_-;)
 
 
 
でも、先制点の場面は良かったと思う。
 
長友がいい形でCKを獲得し、
憲剛が蹴ったCKを赤ストパーが合わせて、
ゴール!! 日本が先制!!
 
それに、この先制点は
オーストラリアのW杯予選初失点というオマケつき。
 
 
ゴールを決められた後、
オーストラリアのGKシュウォーツァーが、
三枝師匠ばりに仰向けにズッコケたのが、ツボやったわ(笑)
 
 
 
で、この先制点のリードを保ったまま、ハーフタイムへ。
 
 
ハーフタイム中に、前半のVTRを流してたわけやけど、
 
早野の右にいるアナウンサーの試合の分析力はたいしたもんやな~
…って思ってたら、福西やった(^_^;)
 
 
 
そして、後半。
 
まあ、後半はほとんど見るべきものが無かったね。
 
なんでもないようなセットプレーから、
ケーヒルに2点取られて…
 
それから、みるみる日本の選手が意気消沈していくのが
情けなかったわ。
 
 
試合の終盤にはオーストラリアに、
代表初キャップの選手をテストされる余裕も見せられたしね。
 
試合後、オーストラリアのサポーターが掲げた横断幕、
「NIPPON:FOREVER IN OUR SHADOW」

…この言葉が、現在のアジアでの、
オーストラリアと比べた時の、日本の位置付けを
如実に表してる、と思う。
 
 
これから、1年間は、W杯に向けての準備期間。
 
でも、1年後って、まだまだやんって思ってても、
すぐに来るもんやからね。
 
この1年の間に、少しでも世界との差を埋められるように、
選手は取り組んでいってほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
コメントを投稿