2009年9月13日

雨上がりのピッチで#10が輝く

 
 
万博参戦してきました!
 
万博参戦は、4月29日のFC東京戦以来、
約4ヶ月半ぶり。
 
大学生時代、あんなに通い慣れてた万博でも、
4ヶ月も空くと懐かしく感じるもんやね。
 
まあ、そんな久し振りの万博は、
あいにくの天気やったけど、試合の方は結果が出て良かったです。
 
 
 
ガンバ大阪32ヴィッセル神戸
 
 
 
2点リードを追いつかれた時は、どうなることかと思ったけど、
ようやく神戸に勝つ事ができたね♪
 
 
この試合のヒーローは、もちろん我らが#10!!
二川孝広でしょう!!
 
試合全体で見れば、消えてる時間もあったけど、
決定的な場面で仕事をするあたりは、さすがやなと思った。
 
ここ2年ほど、バイタルエリアで得点シーンに絡む機会が減って、
個人的に不満があった二川やけど、ビッグスワンの新潟戦で、
得点して以来、積極的にゴール前に飛び出していってるよね。
 
この調子でどんどん続けていってほしいわ。
 
あと、いい加減、試合後のでんのお食事券の抽選の後、
「みんなででんに行きましょう」的な一言を言ってくれよ(苦笑)
 
スポンサーに嫌われるぞ!
 
 
 
そういや、この試合はペドロ・ジュニオールの
ガンバ移籍後の初戦やったんよね。
 
この試合を見ただけであれこれ評価するのもどうかと思うけど、
もうちょっと積極的にプレーしてほしいって思ったね。
 
献身的に前線の守備のタスクをこなしてたのは良かったけど、
ボールを持ったら離さない、典型的なブラジル人ドリブラーっていう
イメージとは程遠く、周りに気を遣ってる印象。
 
あと、ボールが足につかない場面も多くて、
連携面以外にも、コンディションもあまり良く無いのかな。
 
まあ、しばらくは長い目で見る必要がありそうやね。
 
 
…っていうか、ペドロ・ジュニオールって長いよね。
 
かと言って、PJって訳すと、女性の下着雑誌の、
ピーチジョンみたいで、男の俺が口にするのも
なんか恥ずかしいし…
 
まあ、別にペドロでいいか。
チャントやコールでもそう呼んでたしね。
(ちなみにチャントはロニーのやつ)
 
 
 
ペドロの他にも、代表帰りの遠藤と橋本に注目して見てたんやけど、
遠藤に関しては、代表で2試合続けてフル出場したとは思えないほど、
動きがよく、ゲームをコントロールしてたね。
 
ペドロが交代した後、ルーカスと2トップみたいな感じになって、
プレーしてたのは、見てて面白かったわ。
 
でも、最後に足攣っちゃってたから、やっぱり疲れてたのかもね。
 
 
橋本は可もなく不可もなくって感じ。
 
二川の1点目をアシストしたシーンは良かったけど、
1失点目の際のあまりにも軽すぎる守備には、
思わず閉口してしまったわ。
 
だからプラマイゼロって感じかな。
 
 
 
最後に神戸に関してやねんけど、
前半から、カピターノに肘打ちをかましたり、
ペドロにバックチャージをしたりと、
そのへんの荒っぽさは相変わらずやった。
 
でも、前回、4月にホムスタで試合した時と比べると、
あまりガンバ対策を徹底してこなかったように思う。
 
あの時は、ヴィトール・バイーアが遠藤を徹底的にマークして、
ボールを奪ったら、両SBの裏へロングボールっていうのを、
しつこいぐらいにやってきてたからね。
 
監督が、アキラとは対極の人と言ってもいい、
三浦監督に代わったもんやから、恐れてた部分もあったんやけど、
杞憂に終わって良かったわ。
 
 
 
次節は、鬼門味スタでFC東京戦です。
この試合も参戦します!
 
全くと言っていいほどいい思い出の無い場所ですが、
今年は、ジンクスが破れる年。
 
ルーカスはガンバに移籍してきてから、
古巣との対決では全ての試合でゴールを奪ってるし、
相手はヴェルディやったけど、去年味スタで勝利を収めてる!
 
だから、過去の忌まわしい記憶は振り払って、
選手を信じて応援しましょう!
 

 

 

 

 

 

 
 

 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 

 
コメントを投稿