2009年9月5日

片鱗で退けられた日本

 
 
マッチメイクが致命的に下手な日本サッカー協会。
 
でも、そんな彼らにしては、
今回、アウェイでオランダやガーナと対戦する機会を
設けることができたっていうのは評価すべき点やね。
 
 
 
そういや、オランダって、結構アジア勢と親善試合してる
イメージあるよね。
 
今回の日本といい、タイといい、韓国といい…
 
これはオランダのサッカー協会の方針なんやろか?
今日の試合を見る限り、あんまりメリットは無いと思うけどね。
 
 
 
日本03オランダ
 

 
 
ある程度予想できた結果ではあったけれども、
それでも結果・内容ともに酷い試合やったね。
 
収穫と言えば、今オランダのコーチをやってる、
かつての名DF、フランク・デ・ブールのハゲ具合が、
予想以上に進行してたっていうのが確認できたぐらいちゃうか(苦笑)
 
 
 
まず、前半の日本は結構押してたようには見えたけど、
それ以上に、オランダの選手達が手を抜いてるように見えた。
 
明らかにオランダの中盤のプレスがユルユルで、
DFラインだけでも十分対応できるやろっていう感じで守ってたからね。
 
その影響もあってか、前半の日本はオランダより
シュートを多く放つことができたわけやけども、
実際、惜しかったのは長谷部のシュートぐらいちゃうかな?
 
日本は、相変わらずゴール前までは上手く運べるのに、
そこからスピードダウンするんよね…(-_-)
 
 
 
そして、後半。
 
オランダは、ハーフタイムで監督からの指示があったのか、
結構、前から積極的にボールを取りに来るようになったね。
 
あと、後半から入った、オランダのエリアっていう
若手のウイングが、監督にアピールしたいのか知らんけど、
気合いの入ったプレーを見せてた。
 
 
 
そして、オランダの先制点は、そのエリアから。
 
左サイドのエリアの折り返しを、
ファン・ぺルシーが胸トラップから、
落ち着いて決めて、オランダが先制!!
 
まあ、この直前にあった、俊輔のFKが入ってれば、
流れは変わってたかもしれへんかったけど、
いずれは入るであろう、オランダの得点やったね。
 
と、言うか、このゴールに関しては、
解説の松木がしきりに「ハンド! ハンド!」って
連呼してたのに辟易してしまったわ…(-_-;)
 
 
 
1点目を奪われたことで、集中力が切れたのか、
日本は、直後にスナイデルにミドルを決められ、
あっという間に、2点差に。
 
メンタル弱すぎ、ありえへんやろ。
 
なんでゴール前のあんな位置でフリーでシュートが打てる
状態になってるんやろうか?
 
 
 
まあ、スナイデルは、このゴールの後、
本田に腹いせのタックル(故意では無いと思うけど(苦笑))
をくらって負傷退場してしまうんやけど…
 
多分、スナイデルのケガの具合次第では、
モウリーニョが激怒しそうな感じやけどね。
 
 
 
最後のフンテラールの3点目に関しては、
呆れて物も言えない。
 
完全にボールウオッチャーになってもうてるし。
 
ボンバーは、ドイツW杯のブラジル戦の、
1点目のロナウドのゴールから、何も学習しなかったんだろうか?
 
 
 
試合はこのまま惨敗で終わってしまったわけやけど、
オランダの実力の片鱗だけで退けられてしまったなっていう感じ。
 
まさに完敗やったわ。
 
岡田のメガネ君が、なぜそこまで1トップにこだわるんかが
よくわからんけど、このチームがW杯ベスト4を狙ってるなんて、
オランダの人らが聞いたら、嘲笑の的になること
間違い無しやろうね。
 
 
 
あと、最後に、ガンバサポとして、
また岡田メガネ君に90分労働を強いられた
遠藤に触れておこうと思うんやけど、
 
やっぱり、クラブでの不調を、そのまま代表でも引きずってる感じ。
らしくないパスミスやボールロストも目立ってたしね。
 
そもそも、代表での遠藤は、ガンバでプレー時よりも、
守備のタスクを背負ってるわけやけど、
現在の彼のコンディションを考えると、
そのタスクを課すのは無謀だとしか言いようが無い。
 
後半の中頃から、日本の中盤の運動量が激減したのも、
それと無関係じゃないと思うけどね。
 
 
 
なんか、今回のブログは、敗戦3試合分ぐらいの愚痴を、
一気に吐き出す格好になってしまった。
 
自分でも書いてて、テンション下がってるし。
 
だから、次のガーナ戦では、少しでも、
明るい話題を見つけて、ブログに書けるように、
日本の意地を見せてほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
コメントを投稿