2009年9月24日

川崎が先勝

  
 
なんか、この試合を録画放送するあたりが、
現在のテレ朝のサッカー中継に対するスタンスを
代弁しているようにも思えるんやけど…
 
 
 
川崎フロンターレ21名古屋グランパス
 
 
 
ACLのベスト8で実現した同国対決。
 
この試合は、川崎のホームである等々力が、
陸上競技で使用するため、国立競技場で行われたんやけど、
実質、中立地での開催とはいえ、祝日っていうことや、
地理的な部分を考慮にいれても、この日のスタンドは寂しかったなぁ…
 
それと同時に、ガンバがこの場所にいないっていうのも、
物足りなく感じたよね。
 
 
 
そんな、川崎と名古屋の試合やけど、
前半から、両チームのスタイルがよく出てた試合やったと思う。
 
奪ったボールを素早く前線の強力3トップに供給する、
カウンタースタイルの川崎と、
 
中盤で組み立てながら、サイドに展開し、
中で待っているケネディに合わせる、ポゼッションスタイルの名古屋
っていう感じで。
 
 
 
こういう名古屋のようなチームって、
カウンターを得意としている川崎からすれば、
好都合のようにも見えるね。
 
ボールを繋いでくる分、ボールの取りどころが増えて、
カウンターを仕掛けるチャンスも増えるし。
 
実際、ガンバも川崎と対戦する時は、
この手の速い攻撃に手を焼いてるからね。
 
 
 
でも、先制したのは名古屋やった。
 
サイドからのクロスをケネディが合わせるっていう
狙い通りの形やったね。
 
 
 
後半、川崎が逆転するわけやけど、
2点目のジュニーニョのゴールはしょうがないとしても、
1点目の憲剛のFKはなんとかならんかったんかなと思ったわ。
 
壁の動きもそうやし、GKもニアサイドを全然ケアしてない
感じやったしね。
 
この辺は、名古屋のGKが楢崎じゃなかったことが
影響してんのかなぁって思った。
 
まあ、その楢崎がケガしたのは、
ガンバ戦でのことやねんけどね(苦笑)
 
 
 
結果、2-1で川崎が勝利して、
名古屋はアウェイゴールを手にしたわけやけど、
実際は、川崎の圧倒的有利やろうね。
 
名古屋が次のステージに勝ち進むには、
得点を奪うことが絶対条件。
 
対する川崎は、点を取られなければいいわけやから、
名古屋としては、遮二無二攻めないといけないわけで、
そうなると、川崎のカウンターが余計に生きてくるやろうね。
 
逆に川崎は、ボールを持たされると結構グダグダになる傾向があるから、
わざとポゼッションをしないっていう手もあるけど、
ピクシーが2nd legに向けてどういう策を講じるか、見物ではあるね 。
 
まあ、サッカーは何がおこるかわからんけど、
川崎のベスト4進出は堅いんとちゃうかな。
 
 
 
ガンバは、そんな川崎と今週末試合が控えてます。
 
なんか、ヒゲ剃りに力を入れるばっかりで、
クラブとして、あんまり試合に集中してない感じがするのが、
不安ではあるけど、この試合は本当に重要な試合。
 
まあ、ここまでくると、全てが重要な試合って言っても
いいんやけど、今年は、もうこれ以上、
川崎の前に屈するガンバの選手達を見るのは
屈辱以外の何物でもないからね。
 
選手達に意地があるなら、絶対にこの試合に勝って、
リーグ優勝戦線に生き残って欲しいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを投稿