2010年2月7日

あまりにも寒すぎた、飛田給の夜

 
  
 
昨日は、代表戦を見に飛田給に行ってました。
 
なんか、「寒い中、わざわざあんな試合を見に…」なんて声が、
チラホラ聞こえてくるような…
 
まあ、俺も正直言うと、女子の試合だけ見て
帰っとけばよかったなって思ってるよ。
 
特に、宮間のブレ球FKは、素晴らしいの一言に尽きるね。
 
それに引き換え、男子の試合ときたら…
 
 
 
日本00中国
 
 
 
率直に感想を言うと、かなり見てるのが辛い試合でした。
 
ボールを回していても、全然前にくさびのボールが入らないから、
チャンス自体が少なかった。
 
まだ、前線にシンプルにボールを放り込んでくる中国の方が、
得点の期待の持てる攻め方をしてたかなと思う。
 
PKとは言え、両チーム通じて、
この試合で一番のビッグチャンスを作ったわけやしね。
 
そのPKを防いだ、楢崎のプレーは日本の選手の中で、
唯一及第点に値するプレーだったかなと思う。
 
 
 
チャンスと言えば、日本にも、
内田、平山、大久保に決定機が訪れたものの、これを決め切れなかった。
 
日本代表には、決定力不足って言葉がよく使われるけど、
そもそも、チャンスらしいチャンスも、この3つぐらいやったし、
決定力が問われる場面まで行けてないってのが現状やと思うわ。
 
その中でも特に、大久保は、決定機を逃しただけじゃなく、
試合を通して、本当に酷かった。
 
それにもかかわらず、後半40分まで引っ張った理由もよくわからんし、
交代する時、勝ってるわけでもないのに、
ダラダラと歩いて、ベンチまで戻って行ったのには、
スタンドから見ていて、本当に腹が立った。
 
近くで見ていた小学生が「走れよ!!」って言っていたし。
 
もう、弱くても一生懸命やるんやったらまだしも、
こんな代表じゃ誰も応援しなくなるぞ。
 
 
 
最後に、この試合に来ていたお客さんについてなんやけど、
やっぱり、この試合は、会場がFC東京のホームだけあって、
代表グッズを身につけている人と、FC東京グッズを身につけている人の
割合が半々ぐらいやった。
 
ただ、代表チームを見に来たと言うよりかは、
平山や長友を見に来たって感じのファンが多かったわ。
 
そのせいか、観客数は、普段のJリーグのFC東京の試合と
そんなに変わんなかったね。
 
岡田や、選手達は、あの空席を見て何を思うんやろう?
代表には、本当に、危機感を持ってやってもらいたいわ。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
 
 
 
コメントを投稿