2010年2月13日

なでしこが東アジア選手権連覇!!

 
 
今日は、なでしこの試合があったね。
 
これまでの女子の試合を見てて、
内容のある面白いサッカーしてると思うんやけど、
観客の数といい、どうも注目度は低いみたい。
 
関西では試合の中継すらなかったみたいやしね。
 
やっぱりそう考えると、女子サッカーの人気は、
男子のサッカーに付随するものであると考えられるから、
より一層男子のサッカーには頑張ってもらわなアカンわ。
 
 
 
日本21韓国
 
 
 
まず、日本の、この試合への入り方は素晴らしかったと思う。
 
ここ2試合、前半は抑え気味な感じがあったから、
韓国の選手達も、面を食らったような感覚やったんちゃうかな?
 
その結果が前半の早い段階での2点という、
明確な形になって表れたんやろうね。
 
 
 
前半7分に生まれた、1点目の大野のゴールは、
DFラインの裏への飛び出しから、独走で決めた形。
 
でも、韓国のDF陣も、大野に相対するのに、
あんなに不用意にラインを上げたら自殺行為やわ。
 
そして、17分の山口のゴールも、大野のスルーパスから。
 
正直、これまでの2試合を見てて、あんまり山口っていう選手の
良さがわからんかったんやけど、足下のテクニックはあるし、
そんなに体は大きくないわりに、フィジカルも強いっていう印象を受けたね。
 
だてに海外でプレーしてるだけのことはあるなぁって感じやった。
 
 
 
ただ、この後、ペースダウンしてしまったのが物足りなかったかな。
後半なんて防戦一方やったからね。
 
まあ、疲労とか色々な面が考慮されるけど、
この辺が、試合後佐々木監督が言ってた、課題なのかも。
 
あと、注目された岩渕は、この試合では見せ場無し。
 
矢野をベンチに下げ、近賀をSBに落として、
右MFに入るっていう、変な使われ方したのもあったんやろうけど、
途中から入ったんやから、もっとがむしゃらに動き回って、
疲れてる選手達を助けなアカンわ。
 
あれだけ実績のある澤でも、後半は体を張って、
DFに奔走してたしね。
 
才能があるのはわかるけど、まだまだ大野の壁は高そうやね。
 
 
 
とはいえ、3戦全勝で東アジア選手権を制した、なでしこジャパン!!
 
このチームに、永里や安藤といった海外組が合わさると、
もっと期待のできる、いいチームになりそうやね。
 
次の大会も期待してます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
コメントを投稿