2011年1月10日

アジアカップはドロー発進

 
 
日本11ヨルダン
 
 
さすがに、あれだけ準備期間が短いと厳しいもんがあったか。
 
合宿中に試した3-4-3じゃなくて、従来の4-2-3-1やったとはいえ、
連携不足からか、どことなく皆ぎこちないような感じがあったしね。
 
それに、これまで夏に開催されていたアジアカップが、
1月に開催されてるっていうこともあって、見ている方もぎこちない。
 
その点で言えば、サッカーをする側も、見ている側も、
ぎこちなさを共有できた試合だったんじゃないかな。
 
 
 
試合内容に関して、率直な感想を言うと、
やっぱり、W杯でベスト16に入ろうが、監督がイタリア人になろうが、
引いた相手を崩せないっていう日本の課題は、
そんなに簡単に解消されないっていうこと。
 
特に、中東のチームと対戦すると、この課題は顕著になるし、
ましてや、この試合のように先制点を与えてしまったらなおさらやわ。
 
あと、こういう展開になるといつも思うのが、
ゴール前で手数を掛け過ぎな気がするから、
もっとミドルシュートを打ってもいいんじゃないかって事。
 
ザッケローニが監督になって、
シンプルにボールを前に運んでいた印象があっただけに、
監督交代後、初の公式戦である試合で、この辺が気になったのは残念やったかな。
 
 
 
大会前にケガ人が続出して、一番の懸念事項だったCBに関しては、
吉田と今野っていう急造コンビやったけど、思いの外、頑張ってたと思う。
 
失点シーンに関しては、吉田の足に当たってゴールに入るっていう、
アンラッキーなものやったけど、
あの位置からフリーでシュート打たしたのはマズかったかな。
 
まあ、この場面に関してはCBだけの責任じゃないけど、
不本意ながらも失点に絡んでしまった吉田の、
試合終了間際の意地の同点ゴールには痺れたわ。
 
 
 
格下のヨルダン相手に勝てなかったし、連携不足を露呈してしまったのは事実。
 
ただ、それでも、負けなかった点は評価できると思うし、
連携面に関しても、回数をこなすことで向上していくと思うから、
これから調子を上げていってくれると信じています。
 
とりあえず、13日のシリア戦に向けて、上手く調整してってほしいね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿