2011年1月23日

隣の国の選手の顔は見飽きてしまっているんだが…

 
 
イランの試合をちゃんと見るのって久し振りな気がする。
 
俺の中でのイラン代表のイメージって、
未だにハシェミアンやカリミ、マハダヴィキアとかやからなぁ。
 
この試合に出場していた、ネコウナムとレザエイは、
名前は聞いたことはあるけど…っていうほどの認知度やったし。
 
あと、今シーズンから清水を指揮する、イランの監督のゴトビが、
日本相手にどういう采配を振るうのかも興味あったし、
イランに勝ちあがって来て欲しいなと思ってたけど、
俺の思惑通りにはいかんかったわ。
 
 
韓国10イラン
 
 
日本の準決勝の相手は韓国に決定しました。
 
まあ、イランに勝ちあがってほしかったとは思ってたものの、
試合を見る限りでは、韓国が勝ったのは妥当って感じやったね。
 
後半はイランが盛り返す時間帯はあったものの、
ほとんどの時間帯で韓国がペースを握っていたし、
イランにしてみれば、よく延長戦まで持ち込んだと思うわ。
 
ただ、苦言を言うなら、延長前半での背番号8、ショジャエイのプレー。
 
ショジャエイは、韓国の選手のチャージを受けて倒れ、
スコアレスの展開にも関わらず、大したケガでも無いのに、
無意味に痛がって試合を止め、時間を使ってしまった。
 
このプレーで、今まで劣勢ながらも集中して守っていたイランの選手たちの、
集中が切れて、この後の失点に繋がったような気がしてしょうがないんよね。
 
まあ、ショジャエイは早く延長前半が終わって欲しかったんやろうけど、
そういう気持ちが他の選手の気の緩みとして伝染してしまったのが、
いただけなかったわ。
 
 
 
韓国の立場から言えば、延長まで持ち込まれてしまった形で、
後半の途中から、キ・ソンヨンを始め、足を攣る選手も出始めて、
体力的にキツかったと思うけど、そんな中でのパク・チソンの存在感は別格。
 
この大会での代表引退を決意して、気合いが入ってるからかしらんけど、
延長後半に交代するまで、全くと言っていいほど運動量が落ちへんかった。
 
相手ゴール前まで駆け上がった後でも、相手ボールになるやいなや、
全力疾走で帰陣する守備意識の高さは素晴らしいわ。
 
そんな彼の姿勢が、ク・ジャチョルやユン・ピッカラムといった、
若手にもいい影響を与えてるようにも見えるしね。
 
あえて言うまでもなく、韓国はこの大会で日本が対戦した、
どのチームよりも強いです。
 
 
 
韓国とは、去年3回も試合してるので、
本音を言えば「またかよ」って感じなんやけど、
案外、日本と韓国ってそういう巡り合わせなんかもしれへん。
 
まあ、前回のアジアカップでは3位決定戦で対戦したけど、
今大会は準決勝という、ガチなステージでの対戦やし、
去年一度も勝てなかった借りを返す意味でも、絶対に勝ってほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿