2011年1月14日

主審はいえも…じゃなくてイラン人だったらしい

 
 
日本21シリア
 
 
この試合の前に、日本と同じグループで最大のライバルと目されていた、
サウジアラビアがヨルダンに負けて予選敗退。
 
一昔前のアジアカップと比べ、出場国の実力が拮抗してきて、
簡単な試合は無いっていうのは承知しているつもりやけど、
それでも、アジアカップのグループリーグぐらい、
肩の力を抜いて観戦したいって言うのが本音やね。
 
まあ、この試合に関しても、主審が試合をコントロールできなかったせいで、
難しい試合になってしまったけど、前半に前田が決定機を決めてれば、
もっと楽な展開になったやろうし、物議を醸しているPKの判定だって、
凡ミス絡みやったから、自業自得と言えんくも無いしね。
 
 
 
ただ、日本にとってラッキーだったのは、
この日の主審が、帳尻合わせでPKをくれたこと。
 
岡崎が倒されたシーンに関しては、ファウルかどうか微妙なもんやったし、
そもそも、結構離れた所にいた主審が、ちゃんと見てたかどうかも疑わしかった。
 
それでも、このイラン人の主審がPKの判定を下したって事は、
岡崎はJリーグで、帳尻合わせでPKを与えるのが大好きな主審(家本)の、
裁く試合を何度も経験して、この手の主審の攻略法は心得てたから?
 
そういや、日本がPKを献上したシーンで、
線審がオフサイドの旗を上げているのに、主審はPKを宣告したのを見て、
こういうところも家本っぽいなと思ったわ。
 
どこのチームのサポーターにも、何かと嫌われてる家本でも、
中東の笛のシミュレーションという意味では、
Jでプレーする選手の役に立ってるのかもしれへんね。
 
 
 
そういや、このPKはてっきり遠藤が蹴るものやと思ってたけど、
キッカーは本田△やったね。
 
大胆不敵に、ど真ん中に蹴ったのを見て、
いかにも本田△らしいなと思ったけど、ゴールを決めた後の、
「危ね~!」っていう顔を見ると、狙って真ん中に蹴ったわけじゃなさそうやね。
 
試合後の本田△のコメントを読む限り、
ザッケローニは、明確にPKキッカーを指定しているわけじゃないみたいやけど、
こんなシーンを見させられるんやったら、
もういっそのことPKキッカーは遠藤で固定してください。
 
 
 
こんな感じで書くと、日本はロクな試合をしてなかったんじゃないかと思ってしまうけど、
実際、初戦でヨルダンに引き分けた危機感からか、
全体的に結構いい試合してたんじゃないかなと思う。
 
日本の先制点の長谷部のシュートはもちろん、
本田△と松井は、かなり積極的にボールに絡んでたし、
途中出場の細貝に至っては、あんな試合展開の中に放り込まれて、
よく試合に入っていったなって感心したわ。
 
ただ、せっかくこの試合のような難しい試合を制しても、
次のサウジアラビア戦で勝ち点を取れなかったら元も子も無いので、
次の試合は絶対に勝利あるのみ!!
 
この2試合、イマイチ調子の上がらない、前田と香川が奮起して、
日本を決勝トーナメントに導いて欲しいね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿