2011年9月25日

また西野朗が3バック症候群を発症してしまった

 
 
ガンバ大阪02ヴァンフォーレ甲府
 
 
昨日は仕事だったので、試合を見ることができませんでした。
 
まあ、家帰ってから、録画を見返そうと思ってたんやけど、
結果を知ってしまった以上、そんな気が起こるはずも無く…。
 
せっかく録画してくれたHD君には申し訳ないけど、
この試合の映像は見ずに消去させてもらうわ。
 
 
 
試合を見ていないから、詳しい事は言えんのやけども、
内容を聞く限り、今年もアキラがあの病気を発症してしまったようですな。
 
『突発性3バック症候群』
 
ガンバが困った状況に陥った時に発症するが、
ほとんどの確率でさらに困った状況になってしまうという、
なんとも厄介なウチの監督の持病なんですわ。
 
しかも、今回に関しては、事前に練習もしていなかったせいで、
マークの受け渡しの確認をしている間に失点してしまうという、
首位に立つチームとは思えない、なんとも情けない失態。
 
アキラがこれだけ失敗しても、まだ3バックを攻撃のオプションとして考えてるのは、
2007年のナビスコカップの決勝で上手くいったことに味を占めてるからなんやろうけど、
「あれからもう4年も経ってるんやぞ」って、誰か教えてやってくれ。
 
 
 
あと、ビハインドの状況で平井が投入されたみたいやけど、
この交代もよくわからんよな。
 
今まで、劣勢の状況で平井を投入して、
上手くいった試しなんて無いと思うんやけど。
 
大体、平井がゴールを決める時って、
1点差か2点差でリードしている状況っていうのが多いからね。
 
最近の試合では、アフォンソを優先的に起用してきたのに、
ここに来て平井とは、アキラのベンチメンバーの序列はどうなってんやろ?
 
 
 
マリノスが仙台に負けたことで、勝ち点を引き離すチャンスやったのに、
ホームでこの取りこぼしはあまりにも痛すぎる。
 
次節はアキラの大好きな浦和戦。
 
ガンバの創立20周年記念試合やけど、この試合のように監督がブレてしまうと、
せっかくのメモリアルゲームに泥を塗ってしまうかもしれへん。
 
34節が終わった後に、順位表の一番上にいたいと本気で考えてるんやったら、
これ以上の取りこぼしは絶対に許されへんね。
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿