2011年9月7日

この勝ち点1は、及第点じゃなくて最低限の結果

 
 
日本11ウズベキスタン
 
 
清武の代表初先発が予想された、このウズベキスタン戦やったけど、
蓋を開けてみれば、阿部を起用するという手堅い用兵術から、
やっぱりザッケローニはイタリア人なんやなと納得。
 
ただ、スタメンの11人を見る限り、
南アフリカW杯でやった4-1-4-1みたいな感じになるのかなと思ったら、
長谷部をトップ下で起用する4-2-3-1やったのは予想外やった。
 
でも、個人的に一つ気になるのが、
なんでそこまでして香川を左サイドで使いたいんやろうって事。
 
どうせ後半から清武を入れて香川を中央でプレーさせるんやったら、
最初から本人が最も得意とする場所でやらせてあげた方がいいと思うんよね。
 
そこらへん、ザッケローニの意図がよくわからんところやわ。
 
 
 
ただ、試合の最初の方は、そのよくわからん布陣が機能したのか、
トップ下の長谷部が強烈なミドルシュートを放つなど、
日本が優勢に試合を進めているように見えたね。
 
でも、その直後の前半8分、ウズベキスタンの左サイドからのクロスが内田に当たり、
こぼれ球を今野がヘッドでクリアしようとするも、
このクリアが小さく、ウズベキスタンに叩きこまれ先制点を献上。
 
しかも、ウズベキスタンの得点者はジェパロフ。
 
俺は覚えている。
 
あれは2008年、ガンバ大阪がACLを制し、その原動力となった遠藤が、
アジア最優秀選手を獲得するものと見られていたのにも関わらず、
なぜか表彰式で名前を呼ばれたのがジェパロフだったことを。
 
まあ、次の年に遠藤が同賞を受賞したからチャラになったけど、
あの時の理不尽さには本当に腹が立ったもんやったわ。
 
 
 
そのジェパロフのゴールで先制を許した日本やったけど、
試合の残り時間はあと80分以上あるのに、
焦りからか、突然日本の選手たちが浮き足立ち始めた。
 
前線の選手は、早く同点にしたいとゴールへ急ぐに対し、
ディフェンスの選手は、カウンターを警戒してラインをあまり上げないもんやから、
中盤が完全に間延びしてしまい、ウズベキスタンにボールを回され放題。
 
試合前は、パフタコールの芝の状態が悪くて、
日本の得意のパスサッカーが出来ないって言われてたけど、
それ以前に、こんなに選手同士の距離が空いた状態やったら、
どんなに芝の状態が良くてもパス繋がらんて。
 
この試合の前半は、少なくともザッケローニの監督就任以降では、
一番内容の悪い展開やったんとちゃうかな。
 
 
 
これを見て、ザッケローニは後半から阿部に代えて清武を投入。
また、ハーフタイムの修正が効いたのか、前半に比べて持ち直した印象やったね。
 
そんな日本の歓喜は後半20分。
 
内田の右サイドからのクロスを岡崎が代名詞のダイビングヘッドで合わせて、
日本が試合を振り出しに戻したね。
 
 
 
ここから一気に逆転と行きたかったところやけど、
この得点の直後に投入された、ハーフナー・マイクが思いのほか機能しなかった。
 
まあ、北朝鮮戦でもあんまり機能してなかったけど、
これは、日本が普段から前線の高さのある選手を活かすようなサッカーをしてないから、
しょうがないとも言える。
 
ただ、ハーフナーに勘違いして欲しくないのは、君が今着ているユニフォームは、
普段王様扱いしてもらってる甲府のものじゃなくて、日本代表のものだということ。
 
ボールを奪われて審判に文句言ってるヒマがあるんやったら、
取り返しに走らんかい!!
 
 
 
そして、試合はこのまま1-1で進み、終盤へ。
 
そこで、駒野に代えて槇野を投入したのを見ると、
ザッケローニ的には引き分けでもOKっていう感じやったんやろうけど、
ピッチにいる選手の意思統一がされてなくて、攻撃を急ぐあまり、
マイボールを簡単に失ってカウンターを食らう場面が目についたね。
 
ただ、この日はGKの川島に神が降臨していたのと、
途中から入った槇野が守備面でいい働きをしたおかげで、
なんとか引き分けに持ち込む事ができたね。
 
それにしても槇野は、自分で自分のことを攻撃的DFとか言ってるくせに、
途中出場にも関わらず、ちゃんと試合の流れに入っていって、
本職で気の利いた仕事が出来るのには感心した。
 
これが名古屋のちょんまげやったら、前線にオーバーラップして、
「俺にボールをよこせ」とか言ってそうやなって変な想像してもうたわ。
 
 
 
アウェイで勝ち点1と言えば、聞こえは悪くないけど、
この試合は決して褒められた内容じゃ無かった。
 
日本が厳しいグループに入っていることは承知しているけど、
個人的に3次予選は、2試合を残して最終予選進出を決めるぐらいの余裕が欲しかったね。
 
慢心じゃなくて、今の日本やったらそれぐらいできる力はあると思うし。
 
次はタジキスタンやけど、ここは、まあ大丈夫でしょう。
 
っていうか、タジキスタンを格下と思えないようやったら、
今後の日本サッカーの先が思いやられるわ。
 
だからこの2連戦、きっちりと2つ取って、最終予選進出を確実なものにしてほしいね。
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿