2013年6月20日

プランデッリのデカい鼻を明かせなかった



日本34イタリア


前のメキシコ戦から中2日、高温多湿のコンディションということもあってか、
この日のイタリアはスーパーなチームでは無かった。

そんなイタリア相手に前半で2点リードを奪うという、
欧州選手権準優勝チームを破る、願っても無いチャンスが訪れただけに、
非常にもったいない試合をしたなというのが、率直な感想。

失点シーンも、ブラジル戦でのネイマールのボレーシュートのような、
お手上げっていう感じのゴールは無く、
どれもやり方次第では防げたんじゃないかっていうものばかりだったから、
なおさら、もったいないという気持ちが強いわ。



日本の先制点は本田のPKやったけど、
このPKに繋がったブッフォンのファウルは、ちょっと厳しい判定やった。

でも、後半に長谷部がハンドで献上したPKにしても、
故意じゃなかったと思うし、PKに関しては日本とイタリアでプラマイゼロかな。

それにしても、身体能力的な部分ばかりがクローズアップされるけど、
バロテッリのPKの巧さは世界屈指だと思うわ。



先制点を挙げた後、それほど時間を置かずに、
香川の反転ボレーで2点目を奪い、完全に試合の流れを握りかけてたところで、
CKから失点を許してしまったのが痛かった。

日本は、本田と遠藤が上手く前後からピルロを挟んで自由を与えなかった事で、
イタリアは流れの中から、なかなか良い形を作れてなかったから、
その中で訪れたセットプレーのチャンスに懸けてくるのは必然だと思う。

それにも関わらず、呑気に給水してて、ニアサイドに穴を開けてしまうんやから、
日本とイタリアで集中力の差が出たなと思う場面やったね。



1点返されたとはいえ、1点リードしてハーフタイムを迎えたんやから、
余裕を持って後半に入ればよかったのに、
前半終了間際のCKのイメージがよっぽど悪かったのか、
CKを嫌がった吉田がゴールライン際のボールの処理を誤り、
ジャッケリーニに入れ替わられると、
折り返しのボールを内田がオウンゴールしてしまった。

ただ、このシーンでは内田は責められないかな。

後ろにバロテッリがいたから、どっちみち触らざるを得なかったし、
むしろ、ゴールライン際で吉田がボールを外に出そうと対応している間でも、
ちゃんとバロテッリのマークについてた事を褒めるべきだと思う。

それに、こういう内田の動きを先に見てると、
4失点目を喫したシーンで、右SBが酒井ではなく内田だったら、
ジョヴィンコのマークにちゃんとついてたんじゃないかって気はしなくもない。



これで日本は1試合残してグループステージ敗退決定。

まあ、グループの組み合わせが決まった時点で、突破が厳しいのは目に見えてたけど、
もう少し実りのある試合ができなかったかなとは思うね。

次はメキシコとの対戦になるけど、勝って終わって、
良いイメージを持ってブラジルを後にしたいね。


にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ










コメントを投稿