2013年6月9日

ウノゼロで勝っても感動しなくなってきたけど、これが普通なのか?



ガンバ大阪10ギラヴァンツ北九州


前半に幸先良く先制し、その後も優勢に試合を進めるも、
追加点を奪えず前半終了。

後半になって、前半の優勢な試合展開から一転、押し込まれるも、
相手の決定力不足や、DF陣の体を張ったブロックでピンチを凌ぎ切り、
最後は形振り構わないコーナーキープで逃げ切り成功。

今季、こういう展開の試合をよく見るけど、
こんな試合ばっかりやってて本当に良いのかと思う部分はある。

と、言うのも、甲府の監督の城福さん曰く、
「J1とJ2で一番の違いは決定力」らしいから、
これまでガンバがJ2で守り切れてた1点リードが、
いざJ1に復帰した時に守りきれないんじゃないかってね。

まあ、そういうのはJ1に復帰してから考えればいい事で、
今は、至上命題のJ1復帰のために、
確実に勝ち点を積み上げる事を考えるべきなんかもしれへんけど。



個人的に、この試合で一番気になったのが、
ハーフタイムでレアンドロが交代したことやった。

前半から、どうも動きにキレが無いと思って見てたんやけど、
試合後の健太さんの談話やと、腕をケガしていたのが原因との事。

まあ、監督が言うならそうなんだろうけど、中東に行く前のマグノやバレーみたいに、
自身の去就問題でプレーに集中できてないんじゃないかっていう俺の考えは、
邪推なんだろうか。



そのレアンドロに代わって入ったのは川西やったけど、
今季、初めてこれだけ長い時間チャンスを与えてもらったにも関わらず、
動きにキレが無かったレアンドロ以上に、前線での貢献度が足りなかった。

後半、押し込まれる時間が続く中、なかなかDFラインを上げられなかったけど、
川西が前線で体を張ってボールをキープして、
DFラインを上げる時間を作ってくれていたら、
あそこまで押し込まれる展開にはならなかったんじゃないかと思う。

純粋なターゲットマンじゃない川西に、
このようなタスクを課すのは酷なのかもしれへんけど、
出場機会を得るためにはこういう事もやっていかないとね。



次節はアウェイで水戸と対戦。

順位表を見ると、確実に勝ち点3を挙げたい位置にいる相手やけど、
水戸には、一昨年の天皇杯、万博で苦杯を舐めているから、
注意して試合に臨まないといけないね。

個人的にも、先月の岐阜戦以来、久々の現地参戦なので、
頑張って応援してきます。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ











コメントを投稿