2014年10月18日

2勝1敗なのに3タテした気分の川崎シリーズ



ガンバ大阪10川崎フロンターレ


万博での川崎戦と言うと、4-4とか6-3みたいな馬鹿試合のイメージが強いけど、
この日は装いを新たに、詰め将棋のようなウノゼロでの決着。

大久保、森島、小林、レナトと、FW4枚と言ってもいいような前輪駆動の川崎に対し、
「もう僕たちはそういう遊びはやめたんだ」と言わんばかりに、
自陣でしっかり2ラインを作って迎え撃ったガンバ。

序盤は川崎の圧力に屈して、後手に回る展開が多く、
相手の中盤に君臨した憲剛を中心に、試合の主導権を握られてしまった。

特に、オフサイドを取れたものの、右サイドからダイアゴナルに裏へ飛び出した、
小林に対するスルーパスは完全にやられたと思ったね。
(笛が鳴っているのにプレーを続けてイエローを貰う大久保は、
相変わらずオツムが弱いですな。)

まあ、前半の早い時間に、内田がイエローを貰ってしまい、
憲剛に厳しく行けなくなったのも、前半の戦いを厳しくしてしまった要因の一つかな。

プレミアリーグでは、「最初はタダ」と言わんばかりに、
前半の早い時間に、相手の中心選手に対して、
強烈なタックルをお見舞いする風習があるらしいけど、
残念ながらここはJリーグなんでね。



日程的に厳しいのは、
水曜日の天皇杯から中2日でこの試合を迎えているガンバのはずなのに、
後半に入ってなぜか先に足が止まったのが、中5日でこの試合を迎えている川崎。

前半は孤立しがちだった宇佐美やパトリックに対し、
縦パスが入るようになってくるようになり、徐々にペースを掴むと、
遠藤のCKから米倉が頭で合わせて、先制点をゲット。

これまでの試合では、米倉がCKからシュートを打つ場面って少なかったけど、
前半、CKからジャンピングボレーを放った場面でもそうだったように、
この日の米倉はニアで誰かが競った後に、
後ろへ抜けてくるボールを狡猾に狙っていたね。

あと、解説の玉乃が指摘していたように、
最初のCKをクリアされ、反対サイドからのCKになった際に、
遠藤がわざとゆっくり時間を掛けて逆サイドへ歩き、
その間に川崎の守備陣を一息つかせた駆け引きも見事だった。

米倉と遠藤の2人の駆け引きが実を結んだセットプレーやったと思う。



1点リードしたガンバは、カードを貰っていた内田に代えて明神、
前線の運動量を補充するために宇佐美に代えて倉田を投入し、
試合をクローズしにかかる。

対する川崎は、森島に代えて森谷を投入し、小林を前線に上げてきたけど、
この形になってから、何度か決定的な場面を作られてしまった。

そのピンチをことごとく救ったのは我らが守護神・東口。

レナトの左サイドからのクロスを、小林がインサイドで丁寧に流し込んだシュートを、
左手一本で防いだ場面は鳥肌モノやったわ。

っていうか、小林ってシュートが上手いイメージがあったけど、
先日の代表の試合から決定的な場面を外す場面が目につくし、
もしかして、アギーレにシュートの外し方でも教わってきたのだろうか。

だとしたら尚更、宇佐美には代表に行って欲しくないのだが。



主導権を握られる時間が長かったけど、1点差を粘り強く守り抜き、
勝ち点3を上積みする事ができた。

首位の浦和が仙台に敗れたことで、首位との勝ち点差は4と、
いよいよ逆転が現実味を帯びてくるところまで詰めてきたね。

更に、3位の鹿島が柏相手にまたしてもホームで黒星を喫した事で、
浦和への挑戦権は、実質、ガンバだけに絞られたと言っても過言じゃない。

ガンバは次節、鹿島を破った柏とアウェイで対戦。

今季の柏は日立台での成績が良いので、一筋縄でいく相手じゃないけど、
水曜日の天皇杯をパスしたのにも関わらず、
この試合で何にもやってなかった宇佐美には、
2試合分の働きを期待しましょう。

平日のナイターやけど、8月の休日出勤の代休を10月に使うという、
パトリック大作戦ばりの力技で休みを貰ったので、
その労力が無駄にならないためにも頑張って応援してきます。




にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ









コメントを投稿