2014年10月15日

ネイマールを接待するためにシンガポールへ遠征した日本代表



日本04ブラジル


何もされてないのに何もできなかった。

この試合が行われたシンガポール・ナショナル・スタジアムの芝の状態よりも、
日本のパフォーマンスは酷かったね。

この日の日本の選手達は、ネイマールの活躍を、
ピッチの上と言う特等席で眺めている観客のようだったわ。



先日のジャマイカ戦後のブログで、
アギーレが中盤の構成に関して随分試行錯誤しているって書いたけど、
まさかブラジル相手に守備が不得手の3人を中盤に並べてくるとは思わなかった。

ネイマールの2点目の田口の対応(オフサイドやと思うけど)と、
4点目の柴崎の対応なんかは、その弊害がモロに出てしまった場面やった。

守備でダメなら、攻撃で違いを見せたいところやったけど、
柴崎はトラップミスから失点の起点になってしまうし、
田口はカウンターのチャンスを潰して解説の金田にボロクソに言われるしで、
まるでいいところが無かった。

この2人なんて話題に上がるだけ良い方で、
森岡なんて「試合に出てたの?」って感じやしね。

後半24分にようやくまともに守備が出来そうな細貝が出てきたけど、
なんで頭から起用しなかったのか不思議でしょうがないわ。



攻撃に関しては、小林のボレーや柿谷のヘッドなど、惜しいシーンはあったものの、
全体的にブラジルに軽くあしらわれたなという印象。

ジウとミランダのCBなんて、それほど場数をこなしていないコンビやと思うけど、
それでもチャレンジアンドカバーの役割分担がきっちりできていたあたり、
セレソンに選ばれるような選手はさすがの戦術理解力やなと思ったね。

急造DFラインで、あっさりとネイマールに裏を取られて、
先制点を許した場面を見ると、余計にそう思うわ。



ただ、そんな不甲斐ない日本の攻撃陣に於いて、
唯一合格点をあげてもいいのが岡崎。

3トップのセンターで、あそこまでボールを収められるとは、
サポートの少ないドイツの中堅クラブで、1トップを張ってるだけのことはある。

この試合の日本のスタメンの中では別格やったわ。

そんな岡崎と同じぐらいの働きを、後半から出場した本田にも見せて欲しかったけど、
結局、僕らがいつも日本代表の試合で見ている本田やった。

イタリアの名門・ミランで、10番つけている金髪の日本人が活躍しているらしいけど、
それは一体誰なんだろうか。



まあ、アギーレが監督になってからの3試合を見る限り、
この結果に関してはある程度予想できたことではある。

でも、土曜日に北京でアルゼンチンと試合し、
日本より1日短い、中2日でこの試合に臨み、
明らかに流して試合をしているブラジル相手に、
この程度のプレーしかできないようでは、アジアカップに向けて先が思いやられる。

W杯まで1年を切って、これからチームを強化したいと思っている時期に、
名前も聞いたことが無いような国と、アジアカップの予選を戦いたいんだろうか。

来月対戦する、ホンジュラスとオーストラリアは、
ブラジルと比べれば、アジアカップのシミュレーションに適した相手だと思うので、
アジアカップに向けて明るい見通しがつくような戦いを見せて欲しいね。



にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ










コメントを投稿