2014年10月5日

これぞ”仕上げのリンス”の真骨頂



渡鹿してきました。



ガンバ大阪32鹿島アントラーズ


普段でも風が強いカシマスタジアムなのに、
台風接近の影響で突風が吹き荒れ、さらに横殴りの雨が降り続くという、
ラスボスがいそうなダンジョンみたいになってたね。

そんな劣悪なコンディションの中行われた試合にも関わらず、
天候の影響を感じさせないプレーを見せる両チームの選手に感嘆するとともに、
暦どおりの秋晴れのピッチでこの試合を見たかったなとも思う。



この日の鹿島は、得点源のダヴィを累積警告で欠いていたので、
今のガンバ守備陣の安定感を以ってすれば、
そんなに簡単に失点はしないだろうと思っていたら、
前半5分にあっさりと先制点を献上。

ニセ遠藤のスルーパスに抜け出した赤崎に岩下がつくのが遅れ、
慌てて対応に行ったものの、反転で簡単に振り切られてしまい、
シュートを決められてしまった。

この日の岩下は、気合いが入っているのは伝わってきたけど、
東口にキャッチさせようと見送ったボールを奪われて、
シュートを打たれる場面もあったりで、結構危なっかしかった。

まあ、誰しも常に完璧なパフォーマンスが出来る日なんて無いわけやし、
次はしっかり頼むよって感じかな。



試合巧者の鹿島相手に先制点を許すという、
自殺行為に等しい状況に陥ってしまったけど、思わぬ形で同点に追いつくことに。

ゴール裏からのアングルでは、遠藤がペナルティエリア内に入れた浮き球のパスを、
難なくディフェンスがクリアしそうに見えたんやけど、
バタバタしたなって思った次の瞬間、曽ヶ端が悔しがってるのが見えて、
「あれ?入ったの?」って感じやった。

JリーグタイムでVTRを見たけど、
あの距離でGKにヘディングでボールを返すなんて、
なんてリスキーなプレーのチョイス。

中澤聡太がガンバのCBのレギュラーとして起用され始めた頃、
藤ヶ谷を試すバックパスをやっていたのを思い出したわ。



後半に入って、逆転を狙いたいガンバやったけど、
次の得点が入ったのは鹿島の方。

ガンバの右サイドからのグラウンダーのクロスを、
パトリックが後ろに誰もいないのにスルーすると、
そのボールをかっさらわれてカウンターを食らい、失点。

見た目に似合わずオシャレなことするから、
こんなことになんねんって思ってたら、
結構すぐに自分でゴールを決めて帳消しにしてくれたね。

ただ、このシーンに関してはゴールを決めたパトリックよりも、
クロスを入れた宇佐美のプレーが圧巻。

浮き球のパスを胸で上手くコントロールして足下に収めると、
対峙した柴崎をドリブルでぶっち切り、
DFとGKが触れないコースにクロスを入れるという、
超絶テクニックのコンビネーション。

この試合では宇佐美のゴールが無かったので、
1試合置きにゴールを決める法則は途絶えてしまったけど、
その分、次節の川崎戦ではハットトリックぐらいやってもらいましょう。



2-2のスコアになってから、ガンバと鹿島両方に勝ち越しのチャンスが訪れるものの、
お互いに決め切れずに試合は終盤へ。

これは引き分けも止む無しかなと思ってたら、
ガンバサポーターに歓喜をもたらしたのは途中出場のリンス。

“仕上げのリンス”という言葉の聞こえは良いものの、
実際は、試合の大勢が決してから試合に出てきて、
勝敗の行方とは全然関係無いゴールを決めるだけの
所謂“死体蹴り要員”だったリンス。

でも、この試合に関しては、最高の仕上げを見せてくれた。

思えば、阿部に代わってピッチに入って、
ファーストタッチから何かやってくれそうな気はしたから、
もしやとは思ってたんやけどね。

こういう瞬間に立ち会えるからサポーターはやめられないんですよ。



あと、最後に触れておきたいのは、この試合を裁いた吉田主審。

まあ、どっちかというと鹿島のサポーターの方が、
この人に言いたい事はあると思うんやけど、
ガンバサポの目から見ても米倉のプレーは完全にハンドでPKやった。

でも、昌子がパトリックを後ろから倒したシーンもファウルでPKやった。

この2つのプレーは、前節の鳥栖戦で、
西村さんが取った2つのPKよりも明らかなものやった。

それに、試合全般を通して、ファウルを取る基準や、
止めるところ流すところの基準がブレブレで、
全然試合をコントロールできていなかったように思う。

もう50歳過ぎてるんやし、この程度の笛しか吹けないんだったら、
岡田ジャスティスみたく、そろそろ後進に道を譲った方がいいんじゃないだろうか。


ビッグスワンで川崎が敗れるという風物詩が見られたため、
ガンバはこれで2位まで浮上。

首位の浦和がなかなか勝ち点を取りこぼさないので、
思うように勝ち点差が詰まらないけど、
いよいよ、自分達がいるべきところに帰ってきたなって感じやわ。

次節のホーム川崎戦は、絶好調の今野を累積警告で欠くけど、
今野にはその分、ナビスコと天皇杯で頑張ってもらいましょう。



にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ











コメントを投稿