2014年10月27日

味スタの呪いの力が無ければこんなもんよ



ガンバ大阪21FC東京


会心の試合とまではいかなかったけど、
前節、柏相手に連勝を止められ、このままズルズル行く可能性もあっただけに、
ここでスパッと悪い流れを断ち切ることができたのは良かったね。

まあ、飛田給で散々勝ち点を落としてやってんだから、
ウチが浦和を追いかけるためのアシストぐらいしてくれよな。



代表選手を多く抱え、リーグ最少失点の守備陣を擁する東京に対し、
果敢に切り込んでいったのは宇佐美。

ここ最近、ややパフォーマンスが落ち気味だったけど、
この日は、代表に呼ばれたくても呼ばれない嫉妬心からか、
ドリブルに好調時のキレが見られたね。

まあ、東京の守備も固いのでなかなか思うようにプレーできてなかったけど、
左足のテーピングも取れていたし、
俺達がよく知っている宇佐美に戻る日も近いんじゃないかと思う。

そんな宇佐美と対をなすように、
この試合で名前を取り上げられていたのは武藤。

まだ何も実績を残していない若い選手にチヤホヤする、
日本マスコミのスターシステムの象徴とされてる感のある選手やけど、
前半終了間際の右サイドからのクロスをジャンピングボレーで狙ったシーンは、
非凡なものを感じさせられた。

同じくスターシステムの象徴である、お隣の南野のように、
芸能活動にうつつをぬかして、自分を見失うなんてことがないように、
東京の関係者は注意しとかんとね。



この試合のターニングポイントは、
前半ロスタイムの権田の負傷退場だったかなと思う。

後半になって塩田がゴールを守ってたけど、
塩田が試合に入り切る前に2ゴール叩き込めたのが大きかった。

1点目の大森のゴールに関しては、
前節の柏戦から似たような形でゴールを狙っていたけど、
ようやく決まったなという感じ。

この試合の大森は1試合通して攻守に良く走っていたけど、
失点の場面で、クロスを上げた太田に対する軽い対応はいただけなかったので、
若干、ケチがついてしまったのが心残りかな。

2点目の遠藤のFKに関しても、
前半からインスイングのCKの際は、枠を狙うようなボールを蹴っていたので、
こちらもようやく決まったなという感じ。

大森のゴールをアシストしたのも遠藤やったし、
タイトルレースを占う大一番が続く11月に向けて、
千両役者の調子が良さそうなのは頼もしい限りやわ。



その後、太田の右足のクロスから松田に1点を返されるも、
のらりくらりと時間を使いながら試合をクロージング。

リンスの仕上げには失敗したけど、遠藤、阿部、パトリックによる、
後半ロスタイムのボールキープは見事だったね。



次節はホームで仙台と対戦。

ここに来て、残留を争っている相手と戦うのはやりにくいけど、
その後に控える、浦和との直接対決には、
最低でも、今の勝ち点3差で乗り込みたいので、
絶対に落とすことができない試合やね。

宇佐美よ、もうそろそろ決めてもいい頃だろ?





にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ








コメントを投稿