2015年10月10日

ようやくシンガポール戦での躓きを挽回できた



日本30シリア


大した見せ場も無く、前半をスコアレスで折り返した時は、
先日のシンガポール戦が頭をよぎったけど、
後半に3得点を挙げ、順当に勝利を収めることができた。

ボールが転がらない深い芝や、暑さといった、
試合を難しくする要素があったけど、
前半の日本のパフォーマンスがイマイチ上がらなかったのは、
シリアが予想以上に頑張っていたからっていうのもあると思う。

2007年のアジアカップで優勝したイラクのように、
国内情勢に問題を抱えている国って、
団結力が強くて良い試合をしてくることって多いよね。

自分が、命の危険を感じる事も無く、
ただ純粋にサッカーを楽しめる環境に身を置いていることに感謝すると同時に、
シリアというグッドチームが、一日でも早く、
本来の自分達のホームで代表戦ができることを願っている。



今回の代表には、ガンバから4人の選手が招集されているけど、
この試合のスタメンには誰の名前も無し。

就任当初は国内でプレーする選手を積極的に起用していたけど、
ハリルホジッチも結局はザッケローニと同じで、
海外組を重用するタイプみたいね。

まあ、海外組は実力があるから海外に行っているわけなので、
そこに関しては文句を言うつもりはないんやけど、
「試合に出場していない選手は使わない」と言って、
所属クラブが決まっていない川島を代表に召集しない一方で、
インテルで干されている長友をフル出場させるなど、
どうも方針がブレているような気がするのは自分だけだろうか。



結局、ガンバの4選手のうち、この試合に出場したのは宇佐美のみ。

試合に出せへんなら最初から招集すんなよって感じやけど、
その宇佐美が出色のパフォーマンスを見せてくれたことが溜飲を下げたね。

クラブ批判が物議を醸している本田からのアシストでゴールを決めただけでなく、
左サイドからのチャンスメイクや、守備も頑張っていたし、
贔屓目なしで、この日の宇佐美はとても良かったんじゃないだろうか。

左サイドからパス交換で中に切れ込んでボレーシュートを試みた場面で、
ミートし損ねたのが唯一の心残りかな。



次戦はイランと対戦。

W杯予選ではなく、国際親善試合という位置付けやけど、
ここまでのW杯予選は、アフガニスタン、シリアと、
アウェイと言いつつ、中立地のガラガラのスタジアムで試合をしてきたので、
イランで、中東アウェイの独特な雰囲気を味わえるのは、貴重な経験だと思う。

最終予選を想定した重要なテストの場なので、
実りのある試合にして欲しいというのと同時に、
全員がケガ無くチームに戻ってきてくれることを祈っています。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村








コメントを投稿