2015年10月14日

実りの秋とも言うしテストマッチも実りのあるものがいいよね



日本11イラン


おそらく、この試合がW杯最終予選だったら、
このテヘランのスタジアムが満員になったんだろうけど、
親善試合という事もあって、閑古鳥が鳴く殺風景な試合風景だった。

ただ、日本にとって幸いだったのは、
中東屈指の強豪であるイランが、そんなホームの雰囲気に流されることなく、
手を抜かずに勝負を挑んできてくれたこと。

今後、W杯最終予選を戦う中で、アウェイで中東勢と対戦するにあたり、
相手の実力を踏まえながら、戦術や選手の起用法を試すことができたし、
意義のあるテストマッチだったんじゃないだろうか。



先日のシリア戦で1人もスタメンに名前の無かったガンバ勢から、
この日は宇佐美と米倉が先発出場。

米倉が本職の右SBとは逆の左SBに入った事で、
左サイドで縦関係のユニットを組む事になったけど、
イランの右サイドのデジャガーが抜群の推進力でボールを運んでくるから、
2人とも守備に忙殺されていた印象。

米倉に関しては、相手の運動量が落ちた後半からは、
オーバーラップする場面もあり、持ち味の攻撃性を発揮する事ができたけど、
後半の早い時間に原口と交代になった宇佐美は、
不完全燃焼だったんじゃないだろうか。

米倉はフル出場だったので、週末の浦和戦はスタメンから外れるかなと思うんやけど、
長谷川健太の事だから、宇佐美は先発で起用してくると思う。

途中交代になったとはいえ、過密日程で疲労も確実にあるやろうけど、
また「お子ちゃま」とか言われないように奮起して欲しいもんです。

丹羽も、後半から酒井高徳に代わって登場し、
短い時間ながらも見せ場は作ったね。

清武が相手選手と揉めたところに真っ先に現れて仲裁に入ったり、
的確なカバーリングから相手のオフェンスファウルを誘ったりといった、
これぞ丹羽という活躍だった。

ここまで来たら東口にもチャンスを与えて欲しいとは思うんやけど、
この試合でゴールマウスを守った西川が、
吉田麻也が与えた軽率なPKをストップするなど、
(まあ、結果的に押し込まれて先制点を奪われてしまったけど)
印象に残る活躍を見せたので、
スタメンへの敷居はさらに高くなってしまったように思う。

自分はガンバサポなのでどうしても贔屓目が入るけど、
明確な序列が付けられるほどの実力差は西川と東口の間に無いと思っているので、
いつかは代表の正GKの座を射止めて欲しいんやけどね。



試合は、後半に、本田のクロスから武藤が得点を挙げた後はスコアが動かず、
1-1のタイスコアで終了。

次戦の対戦相手のシンガポールは、前回の対戦の際に、
ホームでスコアレスドローと不覚を取っているので、
敵地できっちりと落とし前を付けてきて欲しいね。




にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ
にほんブログ村







コメントを投稿