2009年8月20日

”魔境”ビッグスワン、攻略

 
 
ガンバ大阪21アルビレックス新潟
 
 
 
いや~、勝ちましたねぇ(^_^)
5年振りのビッグスワン攻略ですか。
 
 
5年前のビッグスワンっていうと、
家長が、デビュー戦で凄いミドルを決めて、
ガンバサポに大いなる期待を抱かせてくれた試合やったね。
 
まあ、その頃は、彼が今頃大分でプレーしてるとは
思ってもみなかったけど(苦笑)
 
 
で、それ以来、ガンバはビッグスワンでの新潟戦で
勝利が無く、いつしか魔境と呼ばれるようになった
場所やったけども、
 
5年振りにこの地で上げた勝利は、
上位追撃のための重要な1勝になったね。
 
 
 
この試合では何が良かったかって言えば、
得点を挙げる時間帯が良かったかな、と思う。
 
まず、ルーカスの1点目は見事。
 
まあ、練習でもほとんど決まらないであろう、
難易度の高いシュートやったけども、
よく決めたね♪ 素晴らしいゴラッソやったわ。
 
これで、まず新潟の出鼻を挫くことができた。
 
 
 
そして、新潟が流れを引き戻し、
ガンバが劣勢に立たされてきた前半終了間際。
 
ここで二川のダイビングヘッドが決まり、2-0!
 
新潟としては、せっかくいい流れで攻めてただけに、
ここで失点するのは精神的にもダメージが大きかったと思うわ。
 
そういや、二川のヘディングでのゴールなんて、
記憶に無いなぁ…。
 
でも、そんなことより、試合終了後のインタビューで、
「二川はよく喋るようになりましたね~」
と、解説の早野に感心されるあたり、
 
二川を長く見てる人にとってはヘディングでのゴールより、
そっちの方が衝撃的やったんかもしれんね(^_^;)
 
 
 
そして、ルーカスの幻の3点目。
 
後半開始早々やったから、これが認められてたら、
試合の大勢は決してたと思うけど、
線審という、とんだ邪魔が入ってしまった。
 
VTRで見ても、オフサイドじゃないのは明らかやし、
それに、旗上げるの遅すぎ!!
 
多分、あの線審の本音としては、
「ちゃんと見てなかったけど、多分オフサイドっぽかったから、
旗上げとこう」って感じやったんやろか?
 
まったく、ちゃんと仕事してくれよって感じやわ(-_-メ)
 
 
 
試合全体に関しては、「内容はイマイチだった」っていう
人もいるかもしれんけど、俺はそうは思わんかったかな。
 
確かに、ガンバ本来のポゼッションサッカーを基準に見たら、
この試合の内容は誉められたもんじゃないけど、
 
試合の緩急の付け方、相手のカウンターの際の戻りの早さ、
相手チームのキーマンを抑える球際の激しいディフェンスを考えると、
これはこれでいい内容の試合をしてたんちゃうかな?
 
まあ、あくまでガンバには理想を追求してほしいっていう
人には物足りんかもしれんけど、今は主力選手のコンディションとか、
色々、本来の姿を封印せざるを得ない状況にあるので、
戦術の引き出しを増やすという意味でも、
我慢をする時期なのかな、と思うね。
 
 
 
ただ、調子が上向きのガンバの中で、
1人だけ心配なのが、遠藤。
 
相変わらずパスミスは多いし、不用意なボールキープから、
ボールを失うシーンも多かった。
 
それに、PKを与えたあのハンド。
 
後ろにいたマルシオの視界を遮るために手を挙げたという、
本人のコメントやけど、いつも冷静な彼にしては、
らしくないプレーやったし、レッドカードが出てもおかしくなかった。
 
そもそも、足と背中を痛めてて、
90分間出れる状態じゃなかったらしいから、
そんな状態でフル出場させた、アキラもどうかと思うわ。
 
まあ、休ませろって言いたいのが本音やねんけど、
アキラに限ってそんな事をするとは思えんし、
とにかく、遠藤が復調して、シーズン終了までケガをせずに、
頑張ってくれる事を祈るばかりです。
 
 
 
次節は、第2ホーム金沢での名古屋グランパス戦。
 
ガンバの上にいる、川崎の相手が山形、
新潟の相手が京都で、どちらもホームでの試合やから、
そんなに簡単に勝ち点を落とすとは考えにくいね。
 
まあ、アップセットがあるとすれば、
鹿島とFC東京の試合かな。
 
だから、このグランパス戦は、
勝利を収めて、上位陣に食らいついていきたいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 

 
 
 
コメントを投稿