2010年10月10日

ガンバ大阪秋の恒例行事

 
 
ガンバ大阪32栃木SC
 
 
まあ、本来なら、「試合見てないから何とも言いようがない」と、
書きたいところやねんけども、毎年の恒例行事のため、
大体どんな試合をしていたか予想できてしまうのが、ガンバサポの悲しい性か。
 
先週の山形戦の後、こんな試合をしてたら栃木に足下をすくわれかねんって
書いたけど、実際にそうなりかけてしまったみたいやね。
 
ただでさえも、天皇杯でJ2のチームと当たると苦戦するのに、
栃木の監督が、神戸の監督時代にガンバを得意としていた松田浩ときたら、
油断する要素なんて無いはずなんやけどな。
 
まあ、こんな試合をやってても、最終的には今年・去年と天皇杯を連覇してるわけやけど、
本音を言えば、あんまり心臓に悪い試合は見たくないから、
いい加減この負の連鎖をどっかで断ち切ってほしいもんやねんけどね。
 
 
 
冒頭にも書いたように、試合は見てないので、
軽く二つほどポジティヴな要素に触れておきます。
 
まずは、イ・グノのガンバ移籍後初ゴール。
 
こないだ読んだGAZZETTAのインタビューでも、
ガンバで結果が残せない事に対して、随分悩んでるなぁって、
印象を受けたから、このゴールは嬉しいね。
 
できれば、もっと大勢の観客の前で決めたかったやろうから、
今度はリーグ戦でのゴールに期待したいところやね。
 
 
 
二つ目は、この試合の決勝点となった大塚のプロ初ゴール。
 
これは、大塚本人も嬉しかったやろうけど、
ユースの時から大塚を応援している俺もかなり嬉しかった。
携帯サイトのスコア速報を見て、思わず声をあげてもうたし。
 
でもまあ、大塚の場合、去年の磐田戦と今年の大宮戦での痛恨の決定機逸があるから、
今頃初ゴールかよって感じでもあるけどね。
 
ただ、誰もが認めるように、大塚のサッカーセンスは抜群なんやから、
このゴールで自信を深めて、今後のガンバでのプレーに繋げてほしい。
 
あと、大塚は来月に中国で開催されるアジア大会のメンバーにも選ばれてるから、
そこで何かを掴んで帰ってきて、ガンバに還元してほしいね。
 
 
 
次戦はホームで大宮戦。
 
大宮には4月にアウェイで勝ってるけど、元韓国代表のなべやかん
…じゃなくてイ・チョンスと、イ・ホを獲得したりして、
あの時に比べたらチーム力も上がってるやろうから、侮れん相手やね。
 
10月に入って気温が下がったのと同時に、ガンバもお寒い試合をやってくれているので、
ここは、熱い試合、勝利を期待したいところやね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿