2010年10月17日

ゴールラッシュの大宮戦

 
 
ガンバ大阪51大宮アルディージャ
 
 
ダイジェストでしか試合見てないので詳しい事はわからないけど、
ここ2週間、山形戦、栃木戦とスッキリとしない試合をしていただけに、
この快勝で再び勢いがつくことを期待したいね。
 
 
 
試合の方は、前半開始早々、セットプレーからのお約束の失点。
 
アンラッキーな部分はあるとはいえ、
もう少しなんとかならんのかと言いたいところやったけど、
早い段階でイ・グノが同点ゴールを決めてくれたおかげで、
大事には至らずに済んだわ。
 
大宮は残留争いをしているチームやから、1点取って守りを固められると、
その状況を崩すのはしんどいからね。
 
 
 
そして、同点に追いついた直後のマトの一発退場が、
この試合の分岐点やろうね。
 
携帯サイトの速報で見た時は、審判が暴走してんのかなとも思ったんやけど、
実際、映像で見たらレッドの判定は妥当やね。
 
マトは来年からWWE参戦決定やな。
 
ただ、マトの退場で数的有利になったとはいえ、
数的有利になると相手に合わせてしまって、それを上手く生かせないっていうのも、
ガンバの悪癖のひとつやから、心配な部分もあったけど、この日に限っては杞憂やった。
 
 
 
マトの退場後から、13分後にガンバは勝ち越すわけやけど、
その宇佐美のゴールは、まさにこの試合のハイライト。
 
相手のパスをかっさらうと、そのままドリブルで30m以上独走、
DFが2人ついている状態で左足を一閃。
 
ドリブルもさることながら、あのタイミングでのシュートは予想できへん、
しかも、それを決めてしまうなんて、天才としか言いようがないわ。
 
末恐ろしすぎる、18歳…。
 
 
 
試合をひっくり返してから、もはやガンバのオフェンス練習。
 
前節の山形戦で、勝利には繋がらなかったものの、
久々のゴールを決めた平井は、この試合で2得点。
 
ガンバ移籍後、ゴール欠乏症に陥ってたイ・グノも、
同点ゴールを含む2得点と、結果を残したね。
 
特に、イ・グノに関しては、ルーカスがケガの影響で今季絶望とも言われてるだけに、
ここにきての復調は大きい。
 
この調子で、京都戦もゴールを期待したいところやね。
 
 
 
まあ、この試合は大勝やったわけやけど、
マトの退場を含め、大宮の自滅の部分もあったと思う。
 
宇佐美の勝ち越しゴールに繋がる不用意なパスミスをしたり、
無意味に高いDFラインを敷いて、その裏を取られて平井に2点決められたり、
数的不利のチームとは思えない戦いぶりやった。
 
次節の西京極での京都戦は、去年の事があるから、
絶対に勝たなアカン試合やけど、昨日の京都と清水の試合を見る限り、
残留に向けて躍起になってるみたいやから、この日の大宮のようにはいかんやろうね。
 
まあ、ようやく今さら、危機感を感じ始めたのかとも思うんやけど。
 
今日、名古屋が新潟に負けて、若干勝ち点差が縮まったから、
京都にもしっかり勝って、名古屋を追走してほしいね。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿