2010年10月9日

ザックJAPAN、浦和美園から出帆

 
 
日本10アルゼンチン
 
 
すげぇ、勝っちゃったよ。
 
試合内容に関しても、一方的に押し込まれんのかなと思ってたら、
そういうわけでもなかったし、むしろ、対等に渡り合ってたって言ってもいいぐらい、
良い試合をしてたね。
 
ザッケローニ日本代表監督の初陣は上々の出足と考えて良さそうやね。
 
まあ、この日本の勝利に対して、「アルゼンチンは本気じゃなかった」とか、
「コンディションが悪かったから」とかいう輩が出てくるかもしれへんけど、
そんなヤツらは無視して、ここは素直に喜びましょう。
 
 
 
日本の布陣は、森本の1トップ、香川、本田、岡崎の2列目に、
遠藤、長谷部のダブルボランチの4-2-3-1。
 
ただ、両サイドの岡崎と香川がかなり高い位置を取ってたから、
3トップって言っても差し支えのない前線やった。
 
特に、岡崎は右サイドでの起用やったけど、
あの先制ゴールは、ストライカーのそれやったしね。
 
W杯の時の岡田は、阿部をアンカーに置いてたことを考えると、
ザックは、強豪アルゼンチン相手にかなり強気に出たなって思ったわ。
 
これは、「私は攻撃的にチームを指揮します」っていう、
ザックが日本のサッカーファンに向けて、発信したメッセージと捕えて良さそうやね。
 
 
 
アルゼンチンに関して言えば、CBタイプのDFを4枚並べた4バック、
前線のタレント集団が、愚直なまでに中央突破を繰り返す様は、
これぞまさにアルゼンチンやなぁと思って試合を見てた。
 
長旅の疲れで、コンディションは万全じゃなかったかもしれへんけど、
それでも、アタッキングサードに入った時の、スピードの上がり方は、
アジアクラスの相手じゃお目にかかれない代物やったわ。
 
ケガの影響が心配されたメッシも、随所で持ち味を発揮して、
日本のゴールを脅かしてたしね。
 
日本にしてみれば、失点してもおかしくない場面はあったけど、
アルゼンチンが、最後の局面での精度を欠いたこともあって、
完封することができた。
 
ただ、この完封勝利には、日本のディフェンスが良かったっていうのも
もちろん付け加えとかなアカンね。
 
W杯で見せた粘り強い守備を、その後も継続してできてるから、
これをずっと続けていってほしいね。
 
 
 
さて、ガンバサポ目線でこの試合を観戦していた俺にしてみれば、
メッシのケガより、遠藤のケガの状況が気になってた。
 
ただ、この試合の遠藤は、彼本来の出来からは程遠いとはいえ、
明らかに山形戦よりは良いパフォーマンスしてた。
 
やっぱり、代表のユニフォームを着ると、やる気のスイッチの入り方が、
違うもんなのかって一抹の寂しさを覚えてしまった。
 
まあ、遠藤がどんな状態にあっても、ほとんど90分起用してた岡田に比べると、
ザックが、後半の早い段階で遠藤を代えてくれたのはありがたかったけどね。
 
 
 
次戦はアウェイに乗り込んでの韓国戦。
 
韓国相手には、今年すでに2敗してるし、アルゼンチン相手にこれだけの試合をしといて、
またしても韓国の前に膝を折るなんて事は、絶対に許されへん。
 
欲を言えば、アルゼンチン相手にも、あと1、2点は取れたかもしれへんけど、
その1、2点を韓国のゴールに叩きこむような気概で、
2010年最後の代表戦に臨んで欲しいなと思います。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ 日本代表へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿