2011年4月17日

エル・ニーニョの沈黙

 
 
ウェストブロムウィッチ・アルビオン13チェルシー
 
 
WBA、いいサッカーするなぁ!
…って思ったのは前半の20分ぐらいまで。
 
終わってみれば、チェルシーの順当勝ちやったね。
 
まあ、それでも一時期の降格の危機に瀕していた時期と比べれば、
勝ち点も着実に積み重ねてるし、状況はかなり好転しているみたい。
 
シーズン途中に、監督がディ・マッテオから、
ホジソンに代わったのが功を奏したんやろうね。
 
それにしてもホジソンは、WBAよりも圧倒的に戦力で勝る、
リヴァプール監督時代は散々な成績やったのに、
WBAに来てから、フルハムで見せていた辣腕が復活した感があるね。
 
「選手がプレーしやすい環境」って言い方をよくするけど、
監督も同じように「指揮を執りやすい環境」ってのがあるんやなと思ったわ。
 
 
 
そんなホジソンのこの試合での誤算は、カーソンとショーリー。
 
チェルシーの1点目と2点目なんか、GKが飛び出してれば防げる失点やったし、
ショーリーに至っては、ようやく相手からボールを奪って、
マイボールにできたと思っても、すぐに難しいパスを狙って失敗するから、
WBAがなかなかリズムを掴めなかったね。
 
2人とも、4,5年前はイングランドの将来を担う存在として、
期待されてた選手やったのに、久々にプレーする姿を見たと思ったら、
あまりにも情けない姿で、残念極まりなかったわ。
 
 
 
一方のチェルシーでどうしても注目してしまうのが、
英国史上最高の移籍金で入団しておきながら、ここまでノーゴールで、
すでに不要論まで噴出している、フェルナンド・トーレス。
 
まあ、同じ時期に移籍してきたダヴィド・ルイスが、
前評判に違わぬ活躍をしているだけに、なおさら肩身の狭い思いをしてるやろうね。
 
この試合では、ゴールネットを揺らすシーンはあったものの、
オフサイドの判定で、またしてもノーゴールという結果に終わってしまった。
 
ただ、動き自体は悪くないし、周囲との連携も噛みあってきてるから、
1点でも取れれば現状から解放されるのではないかなと思う。
 
コンディションさえ整えば、未だに世界最高クラスのFWやと思うし、
個人的にも好きな選手なので、何とか復活して、
リヴァプール移籍初年度のような活躍を見せてほしいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿