2011年6月19日

"ガンバの戦い方"を取り戻すための90分

 
 
ガンバ大阪2-1横浜F・マリノス
 
 
アドリアーノがカタールのクラブへ移籍し、
イ・グノも腰痛で欠場と言うことで、この日の2トップには平井と宇佐美。
 
ここのところずっと不安定だったDFラインには、
内田の代わりに山口が入り、下平が左SBに復帰しました。
 
この試合で平井がアドリアーノに代わる前線の軸になれたかと言えば、
首を縦に振るのは難しいところやけども、少なくとも、
前任者と比べて中盤と連動してパスを引き出そうとする動きは多く見られたね。
 
それだけに、2回ほどあった決定機を決められたら良かったんやけどな。
 
平井は試合から消えてる時間帯が長い分、ああいうところで結果を残すことが、
自分の存在価値を示すことに繋がるんやから。
 
 
 
下平に関しては、前節の仙台戦でベンチ入りもしてなかったから、
スタメンに名を連ねてるのを見て、ケガはもう大丈夫なのか?と思ったけど、
実際、実戦形式の練習をやらずに、いきなりのリーグ戦先発やったみたいやね。
 
まあ、キム・スンヨンのSBを長いこと見てたら、
下平であろうと早く復帰して欲しいという気持ちにもなるわな。
 
この日の下平は、前半こそガンバサポなら誰もが知っている、
悪い時の下平やったけど、尻上がりにパフォーマンスが向上していった。
 
特に、後半、平井と川西に上げた絶妙のクロスには痺れたわ。
 
それに、下平はキム・スンヨンや武井と違って、
ビルドアップにも積極的に絡んでいくから、
中盤でのボール回しも心なしかスムーズになったようにも見えたしね。
 
守備に関しては相変わらずな場面も多いけど、
下平がこんなに頼もしく感じられた試合なんて初めてやったんとちゃうかな。
 
 
 
でも、やっぱりこの試合での勝因と言うと、
セットプレーで2点取れた事と、藤ヶ谷の活躍があったからやと思う。
 
試合前は、セットプレーでやられるのはガンバの方やと思ってたけど、
終わってみれば、逆の展開になったね。
 
去年から、流れの中で得点できない時に、
セットプレーで得点を挙げることができているのは、今のガンバの強みの一つやね。
 
久し振りに、遠藤→山口のホットラインが見れたのも嬉しかったわ。
 
 
 
あと、最近の試合で情けないプレーを連発して、
ガンバサポをがっかりさせていた藤ヶ谷が、この日は汚名返上の活躍。
 
1失点したのは、ガンバディフェンスの仕様やから、
それを抜きにして評価すると、素晴らしいパフォーマンスやったと思う。
 
まあ、マリノスの決定力不足に助けられたって言い方もできるけど、
それはあちらさんの問題なので、こっちから首を突っ込むのはやめときます。
 
 
 
次節は、日立台で首位・柏戦。
 
中3日で相手は好調ということもあるけど、
個人的にはあんまり柏に対して苦手意識のようなものは無いんよな。
 
それは、今までの柏との対戦がそうさせているんやろうけど、
今の柏はこれまでの柏とは違うっていうことを肝に銘じて試合に臨んでほしいね。
 
俺も当日は日立台で声援を送ってきます。
 
 
 
 
 にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメントを投稿